(この記事も昨年末に公開日時を指定したもので、今のところ、5月28日の記事までは全て、昨年度から公開日時を指定済みにしてある記事ばかりになります。タイムリーな記事を発信するのは、当面、5月末までは見合わせようと思います。)


2015年12月23日(水)朝日新聞朝刊22面に、「余る食品 集めて 寄付 -家庭から必要な人へ 1個でも-」という記事が載っていました。せっかくですので、冒頭部分と概要を紹介させてください。できれば記事全文を、朝日新聞デジタルなどで読まれることをオススメします。


『家庭で食べきれない食品を持ち寄り、日々の食事に困っている人に届ける「フードドライブ」という活動が広がっている。(中略)


福祉団体などを通じて、食事に困っている高齢者や母子・父子家庭の人たちに届けられる。(中略)


6人に1人が「貧困層」とされ、日々の食事に事欠いている人がいる。フードドライブは、食べられるのに捨てられてしまう食品を企業などから集めて、必要とする人に届ける「フードバンク」から発展したもの。(中略)


持ち寄る食品は、賞味期限が明記され、かつ1ヶ月以上あり、未開封であることが条件。生鮮食品や割れる可能性のある瓶類は対象外米、パスタ、麺などの穀類、肉や魚などの缶詰、レトルト食品、お茶、ジュースなどの飲料が喜ばれる。量は少なくてもかまわない。(以下略)』


フードバンク活動などに取り組む「セカンドハーベスト・ジャパン」からの、「事前にルールなどを明確にし、チラシなどにはっきり示すことが大事」というアドバイスも、「各地のフードバンク団体に相談を」という助言も、記事には書いてました。


以上、「フードドライブ」のことを、どのカテゴリーにするか迷いましたが、「健康」を選びました。「日々の食事に事欠く」というのは、尋常ではないと思ったからです。ただ、課題は、集まった食品を困っている各家庭に届ける方法でしょうか。そこは、福祉事務所&市区町村役場福祉課が地域の実情をよくご存じの民生委員さんや市区町村社会福祉協議会等の関係団体と連携してくださることを期待したいものです。


2016年4月、国連児童基金(ユニセフ)が、先進41カ国における、子どものいる世帯の所得格差を小さい順に順位付けしたところ、日本は34位(下位から8番目)という、厳しい分析結果が出ていました。これが日本の現実なのか‥と絶句しました。


なお、「セカンドハーベスト・ジャパン」のホームページには、次のように説明してありました。


『フードドライブとは、家庭で余っている食べ物を学校や職場などに持ち寄り、それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動です。


日本にはなじみの薄い言葉ですが、フードバンク発祥の地、アメリカでは1960年代から盛んに行われていると言われています。・・・』



by takaboo-54p125 | 2016-04-23 05:14 | 健康

一昨日の夜、熊本県を震源とする最大震度7の強い地震が発生しました。震度7と言えば、1995年の阪神・淡路大震災、2004年新潟県中越地震、2011年東日本大震災に匹敵する揺れですから、熊本県のみなさんには心からお見舞い申し上げます。


近年の近隣国でも、中国では2008年四川省大地震、2010年青海省地震、2013年吉林省地震、2014年雲南省地震など、台湾では2016年台南地震が記憶に新しいところです。今日未明にも再び強い地震発生(これが本震!?)‥今は熊本県・大分県など九州における地震が収束すること、一刻も早い救助活動が進むこと、そして、被災者支援が行き渡ることを願うばかりです。


(以下は、昨年5月末から公開日時を指定しておいた記事です)


さて、2015年5月28日(木)朝日新聞2面の「ひと」に、「セウォル号事故被害者を追悼する歌を作った Kさん」(記事ではフルネーム)という記事が載っていました。デジタル版などで直接読まれることをオススメしますが、セウォル号事故からちょうど2年たった2016年4月16日・・紹介させてください。


『韓国の旅客船セウォル号沈没事故から1年を迎えた4月16日、ソウルで開かれた1万人規模の追悼集会に招かれ、舞台に上がった。


「一緒に歌ってください。大切な人に聞こえるように」。こう自ら作詞した「あなたに伝えられなかった言葉」を紹介すると、歌手2人が韓国語で歌い始めた。


「あなたと過ごした尊い時間/あなたは私の最高の宝物/愛している」。会場では、歌を聞いて涙をぬぐう人もいた。


本業は岡山市の歯科医。高校生ら304人の死者・行方不明者が出た事故から約1ヶ月後、残された親や助かった生徒に思いをはせると、歌詞が浮かんできた。


自身も学生時代に親友が殺され、悲しみを紛らわすために音楽を聴いていた経験があった。「音楽があれば、事故の悲しみに寄り添えると思った」。


知人が曲をつけ、歌詞は韓国語と英語に翻訳した。CD3千枚を制作し、チャリティーで集まった寄付金は韓国の団体に送った。


事故に巻き込まれた高校がある京畿道安山市での追悼行事では、高校生らが合唱した。ステージの中央で歌ったのは事故で救助された女子生徒だった。「私の思いがそのまま歌になっている」と言ってくれた。


「国は違うけど大切な人を思う心は同じ。事故を風化させないためにも広く歌ってもらえれば」。』


記事は以上です。「セウォル号」沈没事故の死者・行方不明者304人のみなさんには、心から哀悼の意を表します。記事の中にあった「曲をつけてくれた知人」とは、音楽事務所所長さんでした。そのことを知ったのは、この曲を日本語で歌った歌手:中村ヒロキさんのオフィシャルブログを拝見したからです。中村ヒロキさんのブログでは、2014/7/16の記事で、このチャリティプロジェクト-岡山から音楽の力で「セウォル号」沈没事故の被害者支援をする-All Okayama Project「あなたに伝えられなかった言葉」について書いてありました。


そんな昨年、2015年6月1日、中国でも湖北省荊州市監利県の長江(揚子江)で客船「東方之星」転覆事故が起きました。442人の死者・行方不明者のみなさんには、心から哀悼の意を表します。ただ、大切な人を失ったご家族のみなさんの悲しみの深さを思うと、私には、ご家族のみなさんへかけるべき言葉すらなかなか思いつきません。


せめて、岡山市の歯科医Kさんが作詞をした歌「あなたに伝えられなかった言葉」のEnglish Song(韓国人歌手イ・チョウさんの歌声)が中国「東方之星」転覆事故被害者のご家族のみなさんにも届いてほしいものです。YouTubeでは、そのAll Okayama Project Song を、日本語・韓国語・英語の3カ国語で聴くことができました。聴きながら、国内外の地震・津波・噴火・火砕流・台風・豪雨・土石流・河川決壊などや大事故による、犠牲者の方々を追悼する気持ちに国境はないことを、改めて思いました。


by takaboo-54p125 | 2016-04-16 05:56 | 国際社会における日本

マイナンバーの「通知カード」(一人ひとり12桁の個人番号がわかる紙のカード)が昨年秋以降、各世帯へ送られてきました(配達が遅れた地域もあった)。この紙製の「通知カード」に印刷されている個人番号が大事で、法律で決められている(市区町村役場の担当窓口等)以外は、人に見せてはいけませんバイトを探している時など、「コピーさせてほしい」と言われても、カードをコピーさせてはいけません。勤務先でも、個人番号の記入だけのはずです(私の知る範囲では、給与事務担当者がカードの番号を書き写しても、その場ですぐに返却します。あなたの目の前で書き写すことを要求し、必ず見張っていましょう)。


さて、その「通知カード」(紙のカード)を、そのまま大事に保管しておくだけで、たぶん当面は不自由しないとは思います(人によって違う)。例えば、本人確認に必要な写真付き身分証明書(運転免許証・パスポート・写真付き住民基本台帳カード等)がない人や、市区町村役場の窓口に行かずに電子証明書を取得される人や、確定申告をe−Taxでされている人です。今、「住民基本台帳カード」をお持ちなら、有効期限(更新してくれない)が来る前に、あらかじめ紙の「通知カード」と一緒に同封されていた「ご案内:全7ページ」を見ながら、「個人番号カード(マイナンバーカード)」(プラスチック製の写真付きカード)を申請・取得する必要の有無の確認はしておくほうがいいでしょう。


その「個人番号カード(マイナンバーカード)」(プラスチック製の写真付きカード)の、申請してから交付までに要する日数は、私にはわかりません(交付日は、個人が決められないから)。しかし、紙の「通知カード」と一緒に同封されていた「ご案内:全7ページ」には書いていない「個人番号カード」の有効期限だけは、あっちこっちに問い合わせて知ることができました。パスポートと似ている部分もありますが、以下に、わかったことを載せますが、総務省HPや直通電話で直接お確かめください。


個人番号カード(マイナンバーカード)」そのもの(運転免許証やパスポートを持たない人の本人確認・身分証明など)の有効期限は、20才以上の人なら交付日(発行日)から10回目の誕生日まで20才未満の人なら5回目の誕生日まで、というふうにパスポートと似ています(交付までに要する日数は、おそらく違う)。でも、「個人番号カード」が持つ電子証明書としての有効期限は、20才以上でも5回目の誕生日まで、と総務省HPで見ました(えーっ?有効期限が2つもあるの!と驚きました)。


簡単に言えば、電子証明書として活用するなら、カード自体は10年有効でも、電子証明書の有効期間は5年なので、5年後の有効期限が来る前に、市区町村役場で電子証明書更新の手続きが必要です。理由は、おそらくセキュリティ上の問題でしょう。「住民基本台帳カード」の電子証明書有効期限は、たしか3年でした。ただ、5年後に電子証明書の更新、10年後にカード自体の更新、これをずっと覚えている自信は・・(しまう場所も)。


なお、申請に必要な3,5cm×4,5cmの写真は、顔の大きさに規格があります(証明写真より、顔が大きいから要チェック顔が規格より小さいと×)。私は確認するのが面倒なので、街の写真屋さんに行き、千円ほど要るけど顔の大きさの完璧なマイナンバー用写真を手に入れました。さらに、カードの交付は事前予約が必要で、交付当日の手続きも1人あたり30~40分程度かかるでしょう(平日が無理なら土日の担当窓口開設日を要予約)。


ここまでを先月3月5日に下書きしました。ところが、翌日3月6日(日)朝日新聞1面トップ記事は「マイナンバーカード受け取れない システム障害 自治体混乱」。記事によると、暗証番号を入力しても機械が反応しない事態が起こっているようです。そう言えば、私も窓口でタッチパネルに暗証番号を入力する時、機械が反応しない場面もあったので、私のタッチの仕方が下手なのか?私が桁数を間違えたのか?とあせりました。仕方なく、感知力の鈍いタッチパネルをていねいに押す感覚で、1文字ずつゆっくりと入力し直しました。すると、たまたま運よく反応してくれて、発行してもらえたけれど、一抹の不安が・・。うーん、しばらくは様子見でいくほうがいいかも知れません


by takaboo-54p125 | 2016-04-10 05:18 | くらし