10月下旬頃の新聞に載っていた、東京大学大学院教授(保育学)秋田喜代美先生(日本保育学会会長)の意見の記事を切り抜いて残してありましたので、紹介させてください。「幼児教育の質 客観的に評価する仕組みを」というタイトルです。本文は、以下のとおりです。( )は私なりの補足です。


『現在、先進諸国では、幼児期の教育の重要性に注目が集まっています。研究も進み、幼児期の教育が、学力や社会人として協働する能力、就労状況にまで影響することが明らかになってきました。


学校教育といえば、授業というイメージを持つ人が多いと思います。しかし、幼児教育は、遊びを通して子どもの発達や経験を保障していくもの。生活の中で高次の思考や学びにむかう力を育てるため、子どもの主体的な活動が大事になります。


日本では、幼稚園は学校教育法上の教育(就学前教育:文部科学省管轄)、保育所は養護と教育を行う児童福祉施設(児童福祉法:厚生労働省管轄)という法的な違いはあります。が、幼児期のカリキュラムは統一され、幼稚園教育要領と保育所保育指針には、同じ内容が定められています。ただ、そのカリキュラムに沿って教育(保育教育)が行われているかを客観的に評価する仕組みがありません。


新制度では、幼児教育を行う施設が多元化されていきます。教育(保育教育)の質を平準化していくためには、自己評価のみではなく、専門的視点からの第三者による評価と助言も必要でしょう。教育(保育教育)のプロセスを適切に評価し、質向上のアドバイスができる幼児教育コーディネーターのような専門家が求められます。


保護者が施設を選ぶ基準は、主体的に遊ぶ時間がどれだけあるか、砂や土、水、自然物など可塑性(柔軟に変化する性質)の高いもので物を構成し遊ぶ経験ができているかなどに着目するといいでしょう。自由な遊びが身体的発達を促し、知的能力を伸ばします。見学をすれば、子どもが遊びに夢中になっているかやらされているのかを見分けられると思います。』


以上、秋田先生のコメントを、聞き手の記者さんが文章にまとめられた記事です。


学力(学習意欲・イメージ力を含む)や、社会人として協働する能力(人とのコミュニケーション力)に影響を与えるのが、あくまでも乳幼児から就学前までの家庭教育を土台にしながらの、幼稚園・保育園・認定こども園における保育教育であるということ(育児・子育てと、保育教育が足並みをそろえること)は、よくわかりました。


もうひとつ、保護者が園を選ぶ基準として、園を見学する時の視点を具体的に示してくださった英断に、敬意を表したいと思います。


主体的に遊ぶ時間がどれだけあるか


砂や土、水、自然物など可塑性(柔軟に変化する性質)の高いもので物を構成し遊ぶ経験ができているか


子どもが遊びに夢中になっているか、やらされているのか


なるほど、何よりも、子どもたちの表情(生き生きしているか)や目の輝き(キラキラしているか)に注目すれば、見分けられるのですね。たしかに、保護者のみなさんには園選びの参考になりますし、園の先生方には、園の保育教育について自己評価する基準になるだろうとは思います。


ただし、就学前保育教育現場で働く保育士・幼稚園教諭の仕事量の負担だけが増えることにならない実務的な配慮が大切です。もし、その配慮がないならば、最終的なしわ寄せは、子どもたちにいくしかないでしょう。そんな心配をするのは、幼保一元化のねらいが、国の財政負担削減にあるのではないだろうか、という一抹の不安をぬぐいされないからです。

関連ページ

幼児の心を育てる【信頼関係づくり】の保育

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898594/


「サイレント・ベビー~小1プロブレム」

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898163/




by takaboo-54p125 | 2015-02-14 05:14 | 保育・教育

来年度2015夏は第39回全国高等学校総合文化祭が滋賀県で開催されます。運動部には「高校総体:インターハイ」があるように、文化部には「全国高校総文祭」があるのです。「高校総文」と言えば、湖南農業高校将棋部は、2000年に第24回全国高総文祭の将棋部門・男子団体戦で準優勝したこともある伝統校(全国大会出場20回の強豪校)です。


それでは、湖南農業高校の全国区チャレンジをふり返ってみましょう。


2007毎日放送テレビちちんぷいぷい 高校生「カレー」甲子園 準優勝(優勝は大阪府立八尾北高校。翌年2008年は同じ草津市の私立綾羽高校が優勝


2008全国高校生フラワーデザインコンテスト 奨励賞 審査員特別賞


2010毎日新聞社主催 毎日農業記録賞の高校生部門 優良賞


2010毎日放送テレビちちんぷいぷい 高校生「粉もん」甲子園 準優勝(決勝戦 湖南農業高校vs大阪市立咲くやこの花高校vs大阪府立園芸高校)


2011高校生フラワーアレンジコンテスト 審査員会特別賞


2014第65回日本学校農業クラブ全国大会 農業鑑定競技会 食品科学部門 優秀賞(2年ぶり4回目の優秀賞:2010、2011、2012、2014)


2014第10回『地域の伝承文化に学ぶ』コンテスト学校活動部門 優秀賞


2014第8回日本一おいしいお米コンテスト 高校生部門「みずかがみ優秀金賞


湖南農業高校の実績に記載漏れがあったら、ご容赦ください。



八日市南高校は、カヌー部が国体・インターハイで優勝・準優勝・入賞の常連校です。


それでは、八日市南高校の全国区チャレンジをふり返ってみましょう。


2008第35回全国造園デザインコンクール 国土交通大臣賞・日本造園学会長賞


2009第60回日本学校農業クラブ全国大会 農業鑑定競技会 農業の部 優秀賞


2011第38回全国造園デザインコンクール 文部科学大臣賞


8年ぶり5回目の受賞:1995、1998、2002、2003、2011)


2012第39回全国造園デザインコンクール 日本造園学会長賞


2013第40回全国造園デザインコンクール 国土交通大臣賞


2013全国学校・園庭ビオトープコンクール 日本生態系協会賞


八日市南高校の実績に記載漏れがあったら、ご容赦ください。



長浜農業高校は、かつてボート部が瀬田工業高校と双璧で強かったのを覚えています。


それでは、長浜農業高校の全国区チャレンジをふり返ってみましょう。


2013第64回日本学校農業クラブ全国大会 農業鑑定競技会 食品科学部門 優秀賞


2013第4回全国農業高校お米甲子園 「にこまる」 金賞


(全国で受賞できるのは4校だけ)


2014第5回全国農業高校お米甲子園にこまる最高金賞


(全国で受賞できるのは1校だけ。つまり全国優勝


長浜農業高校の実績に記載漏れがあったら、ご容赦ください。


私がこの記事を書くきっかけは、2014年12月18~19日のテレビニュースや新聞などで、この第5回全国農業高校お米甲子園における、長浜農業高校の生徒が手塩にかけて育てた米の品種「にこまる」の【最高金賞】受賞を、報道されていたことです。そのおかげで、私も「にこまる」は九州で開発された温暖な地方向きの品種だと知りました。今後の地球温暖化対策として、注目度がアップする品種ではないか、という意味でも、長浜農業高校の生徒たちによる「にこまる」の第5回全国農業高校お米甲子園【最高金賞】は、夢と希望を与えてくれる価値ある快挙です。と思っていたら、今度は2014年12月24日の新聞記事で、第8回あなたが選ぶ日本一おいしいお米コンテストにおいて、湖南農業高校の生徒たちが丹精込めて育てた米の品種「みずかがみ」が、高校生部門【優秀金賞】を受賞したニュースが載っていました。「みずかがみ」は県が10年かけて開発した暑さに強くておいしい新品種(2014秋初出荷)です。こうして、お米甲子園とお米コンテストの両方で、合わせて全国10校の受賞校(どちらも1位1校・2位4校)のうち、滋賀県の高校が2校も入ったのでした。


年末の「にこまる」「みずかがみ」ダブル受賞の朗報で、第39回全国高等学校総合文化祭の開催県としても、弾みがついた気がします。2015「びわこ総文」準備に携わる滋賀県の高校生のみなさんも、励みになるのではないでしょうか。日々の準備にはご苦労も多々あるでしょうが、開催県は一生に一度あるかないかと言う、自ら(段取り力・コミュニケーション力)を成長させてくれる絶好の機会だと受けとめ、全国各都道府県代表として来県する高校生たちを、どうぞ温かく迎えてあげてください。結果、共に支え合える仲間と出会い、一生の友を得る場になるかも知れません。



【追加】さっそく、この記事を読んでくださった千葉県の小学校の先生からメールをいただきました。第1回全国高等学校総合文化祭は千葉県で開催され、その1977年当時、オープニング・セレモニーで他校と合同で演奏したことを懐かしく思い出しました、とのことです。お知らせくださいましたこと、ありがとうございます。

関連ページ

「中1ギャップ」教師ができる7か条

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898132/




by takaboo-54p125 | 2015-02-07 05:03 | 文化・スポーツ