ブタが道を行くよ



ブタが道を行くよ 


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ


向こうからクルマが来るよ 


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ


ブタは死ぬのがイヤだから


車をよけて行くよ 


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ




ブタが空を行くよ 


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ


向こうからヒコーキが来るよ 


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ


ブタは死ぬのがイヤだから


ヒコーキをよけて行くよ 


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ




ブタが海を行くよ


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ


向こうから潜水艦が来るよ


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ


ブタは死ぬのがイヤだから


潜水艦をよけて行くよ 


ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ



ボーイスカウト奈良第4団のみなさんが「ブタが道を行くよ」を歌い踊っている様子を、次のアドレスのYouTubeで見ることができます。私たちがしていた踊りとは、メロディーも振り付けも少し違いますが、歌詞はだいたい似ています。ボーイスカウトは伝統を引き継いでおられますから、私たちが変えてしまったのでしょうか。それとも、関東と関西で違うのでしょうか。でも、楽しく踊れるのは、同じです。私たちとは、昭和の終わり頃、埼玉県志木市・竹の子少年団(子ども会活動)指導員サークル(大学生)です。

http://www.youtube.com/watch?v=15UUr1h4Cg8


関連ページ
子どもが夢中になれる【リズム遊び】(10種類)【絵書き歌】【文字書き歌】【室内ゲーム】(3種類)子どもは【かけ声】が大好き
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898097/



by takaboo-54p125 | 2014-12-21 05:19 | お話・リズム遊び・室内ゲーム

かつて、小学校の高学年を担任すると、必ず「冬の夜道」を子どもたちと読み味わいました。この詩の授業を、7回はしたでしょうか。それは、子どもたちに、将来、大人になった時の自分の「家族」を豊かにイメージするきっかけにしてほしかったからです。


 冬の夜道                  津村信夫


冬の夜道を 一人の男が帰ってゆく


はげしい仕事をする人だ


その疲れきった足どりが そっくり それを表している


月夜であった


小砂利をふんで やがて 一軒の家の前に 立ちどまった


それから ゆっくり格子戸を開けた


「お帰りなさい」


土間に灯がもれて 女の人の声がした


すると それに続いて


どこか 部屋のすみから


一つの小さな声が言った


また一つ


また一つ別の小さな声がさけんだ


「お帰りなさい」



冬の夜道は 月が出て ずいぶんと明るかった


それにもまして


ゆきずりの私の心には


明るい一本のろうそくが 燃えていた



まず、音読をしたら、意味のわからない言葉をどうにかします。「足どり」「小砂利」「「格子戸」「土間」「灯」「ゆきずり」などを、子どもたちは言うでしょう。どうにか意味がわかったところで、音読を入れます。


最初に問いたいのは、1人の男の行動の裏側にあるものです。


この男の人は、疲れていたから、ゆっくり開けたのかなあ?」と聞いてみたいです。子どもたちが「はげしい仕事」「疲れきった足どり」「そっくり」「やがて」「立ちどまった」「それから ゆっくり」などから、男の人の姿・状況を思い浮かべつつ、男の人の家族への温かさにまで思いをはせてくれたらいいなあ・・と思います。ある年には、「家族に、疲れきった顔を見せると心配させるので、一度立ちどまってから、深呼吸して、ゆっくり開けた」と語る子もいました。


次に問いたいのが、男の人を迎える家族の姿です。


この家は何人家族なのかなあ?」と聞いてみたいです。「女の人」「1つの小さな声」「言った」「また1つ また1つ」「別の小さな声」「さけんだ」などから、迎えたのは、3人か4人か意見が分かれるでしょう。その中で、迎えた時の家の中の様子や、男の人にかけた言葉も出てくればいいなあ・・と思います。別の年には、「小さな声が言ったのは低学年ぐらいの子で、小さな声がさけんだのは、3才ぐらいの双子で、3人の子どもがお父さんの帰りがうれしくて飛びついた」と語る子もいました。


最後に問いたいのは、ゆきずりの作者の姿です。


ゆきずりの私には、家で誰が待っているのかなあ?」と聞いてみたいです。「それにもまして」「ゆきずり」「私の心」「明るい」「1本のろうそく」「燃えていた」などから、思い思いに、作者も男と同じような家族がいる、作者は家族のいない1人暮らし、などを語ってくれたらいいなあ・・と思います。また別の年には、「『月の明るさ』と『ろうそくの明るさ』の違い(冷たい・温かい)から、1人ぼっちの作者だから心に灯った『ぬくもり』を、北風で消したくないほど大切にしたかった」と語る子もいました。


そして、もう1度音読しながら、この温かい家族と、心を温められた作者の情景をイメージしてくれたらいいなあ・・と思います。自分も大人になったら、こんな家族をつくりたいなという、子どもたちが描けるモデルの1つに、この詩がなってくれたらなあ・・と心から願いつつ・・。


実際には、こちらの思うようには、なかなか、子どもたちは描いてくれないものですが・・。どこと、どこで、グループ学習を取り入れたらいかは、迷うところです。今の時代の、ほとんどの子どもたちは「土間」も「格子戸」も知りませんから、1校時45分でやり終える自信も、ちょっとありません。でも、ステキな詩であることは確かです。


とにかく情景を思い浮かべてほしいので「男の人はどうして立ちどまったの?」「男の人はなぜ、ゆっくり開けたの?」「この家族を見た作者の気持ちは?」「明るい1本のろうそくって、作者が言いたかったことは何?」というような問いかけは、したくありませんでした。詩という文学作品を読み味わうとは、そういうことではないと思うからです。あくまでも情景をより豊かに思い描き、イメージすることを主にした授業を展開したいと考えるからです。そうする中で子どもたちが自ら、自然体で心情にもふれてくれるのではないでしょうか。

関連ページ
教材【日記の授業:指導案】【万引き・おもらし・お手伝い】【聞かせたい5話】【詩・冬の夜道:指導案・発問】【中学・職場体験授業:指導案】【発声練習:朝の会】【ごんぎつね:発問】
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898472/


by takaboo-54p125 | 2014-12-19 05:13 | 教材

たしか10月中旬頃の朝刊1面下の天声人語に載っていました。と書いた理由は、その記事を切り取って残しておいたので、今も手元にあるのですが、じつは日付をメモするのを忘れていたからです。


岩國哲人(いわくにてつんど)さんの著書を図書館で読んだことがあります。大阪生まれの島根育ちで、たいへん苦学されたそうです。日米の大手証券会社で活躍され、島根県出雲市長になられて取り組んだことを書かれた自叙伝「男が決断する時」だったような気がします。その後、衆議院議員もされて、米中韓の各大学客員教授などもなさったようです。国際金融界から出雲市長を経て政界まで渡り歩く大胆な人生を歩まれた方、という印象があります。しかし、この「おばあさんの新聞」というエピソードは、初耳でした。次のような記事(少年てっちゃん=岩國哲人氏)です。


『早くに父が亡くなり、家には新聞を購読する余裕がなくなった。好きなのでなんとか読み続けたい。少年は新聞配達を志願した。配った先の家を後で訪問し、読ませてもらおうと考えたのだ。


元島根県出雲市長で衆院議員を務めた岩國哲人さん(78)の思い出だ。日本新聞協会の新聞配達エッセーコンテストの大学生・社会人部門で今年、最優秀賞になった。題して「おばあさんの新聞」


小学5年の時から毎朝40軒に配った。読み終わった新聞を見せてくれるおじいさんがいた。その死後も、残されたおばあさんが読ませてくれた。中3の時、彼女も亡くなり、葬儀に出て実は彼女は字が読めなかったと知る。「てっちゃん」が毎日来るのがうれしくて(おばあさんは新聞を)とり続けていたのだ、と。涙が止まらなくなった……


岩國さんはこれまで新聞配達の経験を語ってこなかった。高校の同級生で長年連れ添った夫人にも。しかし、今回、おばあさんへの感謝の気持ちを表す好機と思い、応募した。「やっとお礼が言えて、喜んでいます」。きのう電話口で岩國さんはそう話した。(以下略)』


岩國哲人さんは、人生で忘れられない「おばあさんの新聞」の体験を、市長時代にも、衆議院議員時代にも、一切だれにも語らず、心の中にそっとしまっておられました。それだけで尊敬してしまいます。第一線から退いた今、エッセーに綴ることで、おばあさんへの感謝の気持ちを伝えられたのでしょう。60年以上、ずっと心の中で大事に大事にあたためておられた・・なんとも言えず心がじんわりと温まり、読み手までもらい泣きしそうなエピソードだと、感銘を受けました。



おばあさんの新聞  岩國 哲人(78歳)東京都(敬称略)


 一九四二年に父が亡くなり、大阪が大空襲を受けるという情報が飛び交う中で、母は私と妹を先に故郷の島根県出雲市の祖父母の元へ疎開させました。その後、母と二歳の弟はなんとか無事でしたが、家は空襲で全焼しました。


 小学五年生の時から、朝は牛乳配達に加えて新聞配達もさせてもらいました。日本海の風が吹きつける海浜の村で、毎朝四十軒の家への配達はつらい仕事でしたが、戦争の後の日本では、みんながつらい思いをしました。


 学校が終われば母と畑仕事。そして私の家では新聞を購読する余裕などありませんでしたから、自分が朝配達した家へ行って、縁側でおじいさんが読み終わった新聞を読ませていただきました。おじいさんが亡くなっても、その家への配達は続き、おばあさんがいつも優しくお茶まで出して、「てっちゃん、べんきょうして、えらい子になれよ」と、まだ読んでいない新聞を私に読ませてくれました。


 そのおばあさんが、三年後に亡くなられ、中学三年の私も葬儀に伺いました。隣の席のおじさんが、「てつんど、おまえは知っとったか?おばあさんはお前が毎日来るのがうれしくて、読めないのに新聞をとっておられたんだよ」と。


 もうお礼を言うこともできないおばあさんの新聞・・・。涙が止まりませんでした。


以上です。岩国哲人さんの、この貴重なエピソードは、以下のページにも載せさせていただきます。


関連ページ
教材【弁当の日】【雪とパイナップル】【アハメドくんのいのちのリレー】「人のあったかさの連鎖」「~にもかかわらず」【いのちをいただく】【おばあさんの手紙】
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898442/






by takaboo-54p125 | 2014-12-13 05:00 | 教材

はじめに(自分を責めない、子どもも責めない)


泣き始めた乳幼児が、なかなか泣きやんでくれなかったり、公共の場でぐずって、だだをこねたり、育児ってほんとうにたいへんですよね。昔より今のほうが育児の難易度は上がってますから、ママさんたちは、どうか自分を責めないでくださいね。でもね、乳幼児がワガママだから、では決してないので、お子さんも責めないでほしいと思います。その理由や、じゃあ、どうすればいいのかを書いてみました。1つでも参考になることがあれば幸いです。カラフルな写真・イラスト入りの子育て本に頼ると、書いてあるとおりにいくわけないので、自分がダメって感じちゃいますよ。子どもは1人ひとり違うのですから。


人と関わる力(人と交わる力)を育てるミニプチ・ステップ


今の子どもたちは、母親の声をキャッチする絆(一番安心できる音だと感じる感性)が昔の子どもより生まれた時から弱い傾向にあります。人と関わる力や人と交わる力の元を育てるには、昔より「手間」(ミニプチ・ステップ)がいると思ってあげてください。乳幼児期における親と子1対1の関係づくりこそ、人と関わることが安心や喜びだと感じる心を育てることであり、一生の人づきあいの土台になります。親と1対1で夢中になって遊べる子は、友だちとも遊べるようになります。お世話だけしていると、子どもの心が育ちません。親と子1対1の関係づくりをして、子どもの心とつきあいましょう。


まずはアイコンタクトから(子育てのベース1)


子どもの心とつきあうには、必ず目と目を合わせて語りかけることです。赤ちゃんをあやす時に、目を見つめてにっこりとほほえみながら「おーよしよしよし」と言ってあげると、赤ちゃんもうれしそうに見つめ返すイメージです。親子で目と目を合わせた時、わが子の笑顔が顔全体に広がるのが目標です。これは、無条件の安心に包み込まれた状態だと言えます。目と目を合わせることは、不安なことではなくて安心なんだ、という体験の積み重ねを毎日させてあげます。これは親が意識的にするのです。目と目を合わせるのが苦手な子や若者が増えてきているので、なおさらです。この子たちは、目と目を合わせることが不安な状態にいるわけですから、不安を取り除いてあげるのが親の役割といったところでしょうか。節目ごとに、「あなたがいてくれるだけで、うれしいよ」=ミニプチ・ステップです。


何よりも愛着の心を育てること(子育てのベース2)


さて、子育てで一番大切なのは、親子の愛着の心を育てることです。具体的には、まずだっこです。だっこされて体を硬くする子が、ペターと体を預けてひっついてくるようになるまでやりたいですね。親子の愛着感をはだで感じて確かめることって、忘れがちです。だっこをしても体の力がぬけない子には、小学生でも抱きぐせをつけてOKだと思いましょう。


次も単純な方法です。それは、くすぐりっこです。コチョコチョとくすぐって、キャッキャッと笑うのを親子でしたり、されたりするのです。思いっきり笑うことで、一瞬でも心が解放されます。家庭の中で笑い声がへってきたと感じる時は、ぜひぜひしてみましょう。


次はちょっと体力がいります。つまり、親子の関係づくりのキーポイントになる遊び・・おしあいっこです。親子で押しずもうをとるのです。力のかぎりグイグイ押せる子は、自分の気持ちを体で表現できていますから、自分の気持ちを言葉で表現する土台が育っているわけです。気持ちを体で表現できない子は、言葉でもはっきり表現できない子が多いです。親子のおしあいっこをいやがる段階→ちょっと押せる段階→だいぶ押せる段階→とことん押しきれる段階→「もっとやろう」とせがむ段階をめざしてチャレンジして、子どもがせがんで、親がうれしい悲鳴をあげるところまできたら、しめたものです。


最後は、夜、布団をしいた時の、じゃれあいっこです。親子いっしょに布団の上で転げ回ったり、布団に丸まったり、布団にもぐりこんだりしながら、ワーワー言い合って親子いっしょに楽しんじゃいます。プロレスごっこのように両肩を押さえて「ワンツースリー」ってやるのもいいですね。子どもの心の中の不安感(その日、保育園や幼稚園や学校であったイヤなこと)をふき飛ばすためにも、この四つのことをこまめにしてあげて下さい。わずか数分でできる「ミニプチ・ステップ」です。


ミニプチ・ステップのすすめ(二つのイチ押し)


一つめのイチ押しは、その場その場でお手伝いを頼むことです。子ども自身にやりがいを感じさせるためです。「これやって、助けて」と頼み、少しでもやろうとしてくれたら「ありがとう、助かるよ」と言ってあげます。ちゃんとやってくれたら、その手伝いが技術的にできたことをほめるのではなく、「○○をやってくれたあなたの心がうれしいよ」と喜びながら、ぎゅっと抱きしめてあげます。お手伝いをしたら10円あげるというパターン=お手伝いは見返りや報酬のため。そうじゃなくて、お母さんが喜んでくれる、お母さんが認めてくれる、お母さんのためにしてあげて、なんだかうれしい気持ちだな、心地いいなと感じさせるためにした時、親子の愛着の心が育ち、親子の絆が深まるのです。お手伝いを喜んでしてくれるようになったら、わざと子どもがテレビを見ている時に頼みます。そうして、好きなこと(テレビなど)をしている時に、いやなこと(お手伝い)を頼まれても、お母さんの頼みならしてあげようという心に育てたいのです。これが、学校や園で先生の言うことを聞いてがんばれる力の元になります。


二つめのイチ押しは、子どもが勝手気ままにやりたい放題するのを、子どもの気持ちを尊重するという理由で見逃したりなんかせず、「したらダメ」と言うことです。断固たる決意ですが、どなったりはしません。そして、やさしく、さとします。もちろん、「ダメ」と言うのは、その後ほめるためです。親に「ダメ」をされて、思いどおりにできなかったイヤな気分も、親の言うとおりにして親が心から「うれしい」と言ってくれたり、「えらいね」とほめてもらえた喜びに包み込まれて、満ち足りた気持ちになる体験をさせたいからです。これを繰り返すことで、人の言うことを受け入れていくことが苦にならない感性が育ちます。それが、人を受け入れていく力になります。


ふだんから、子どもの心とつきあうミニプチ・ステップ


子どもがだだをこねた時、子どもの要求をのむかのまないかで子どもの相手をすると、親子の言い合いで終わります。ただし、子どもがその要求を出した気持ちには、ちゃんとつきあってあげます。「話はじっくり聞くからね」と言ってもらって、気持ちを受けとめてもらえると、子どもの心の中に「自分の気持ちは分かってくれはった」という安心感が広がります。本来、親と子それぞれの要求は常にすれちがっているものだと思いましょう。だから、お互いの要求が一致した時こそ、共によろこびたいものです。わが子が親を怒らすようなことばかりくり返す時、「どうせぼくなんかダメな子や」「どうせ私の気持ちなんかわかってくれへん」という投げやりな哀しい気持ちになっているんやなと思ってあげて下さい。こういう時は親もカッときて感情的にどなってしまいたくなりますが、これをやると、親自身もどっと疲れます。深呼吸でも一つしてから「今、どんな気持ちやったん」と聞いてあげます。すると、子どもも親の言葉にだんだん耳を傾けるようになっていきます。


親ができる初めの一歩は、子どもの心をへこます言葉は言わないことです。「まだか」「はよしい」「できてへんやん」「なにしてんの」「だめやな」「こんなこともできひんの」「おそい、あほ」「ほんまにしたんか」「めずらしいこともあるもんや」「(きょうだい)とは、えらいちがいや」「あんたはアカンな」のような、子どもの元気・やる気・笑顔をつみ取る親の言葉をズバッと減らしてみましょう。


さらに、自分の気持ちを言葉で伝えた方が、相手にわかってもらえるんだという経験をつませることです。子どもがイライラしたり、ムシャクシャして物に当たった時がチャンスです。ひざの上にだっこしてあげて、たとえば、「今、すごくくやしかったんだね。何が一番くやしかったのか教えて。何におこっていたのか教えて」と聞いてあげます。ポツリポツリ言ってくれたら、「よく言ってくれたね。ちゃんと言えて、えらいな」と、自分の思いが言えたことをほめてあげて、気持ちをわかってもらえたなと実感させてあげてほしいものです。


親を怒らすことを、子どもがくり返す時のミニプチ・ステップ


朝、なかなか起きてこないわが子が、やっと起きてきた時、つい「早く」「遅い」と言いたいところですが、「起きたね、おはよう」と笑顔で言ってあげます。みそ汁を全部飲んだ時は、「全部飲んじゃったんだ。えらいね。うれしいな」と。


親の思い通りに動いてくれない時は、「なにしてんの」「だめやろ」「こうしなさい。ああしなさい」と言いたくなりますが、「お母さんは忙しいので協力してくれ」「お母さんはピンチやで助けて」と、わが子の心をゆさぶってあげます。


兄弟姉妹がいても、兄弟姉妹ひっくるめてじゃなく、一人ひとりと親子の人間関係を作ります。そのために、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)はちゃんとできるのに、あんたは・・」「弟(妹)が泣いているから今はだめ。後で」のように、兄弟姉妹のことを理由に比べたり、断ったりしないことです。


こうしたわが子の勇気をくじく言葉を言わないことです。そうしてやると子どもは「何となく自分はOKだ」「自分もなかなか捨てたモンじゃないなあ」と思えるようになり、親に尊重されていると自覚できるようになります。つまり、子どもの心とつきあうわけです。お世話だけしていると、子どもは自立できず、自分に自信が持てなくなります。最初の一歩は、毎朝の笑顔の「おはよう」です。さらには、集団の中(学校や園)で自分を出せるのには慣れが必要です。家庭で自分の気持ちが満たされてくると、学校や園でものびのびとパフォーマンスできるようになります。満たされるというのは、あくまでも親と子1対1の関係だと忘れたくないですね。


しつけをするにはタイミングがある


しつけについては、怒ってしつけても絶対身につきません。チャンスをのがさず、今、この子には、これが必要だからしつけようとすると徐々に身についていきます。もちろん、しつけもほめながらです。例えば、お金の使い方です。お金は必要なものを買うために使うものだと教えます。おごったり、貸したり、借りたりするために使うと、後々の友だち関係にも、ゆがみが出てくると教えます。また、友だちの家へ遊びに行く時は、行った先のおうちのルールに従うことを教えておくと、友だちと行き来することが長続きします。


しかるのは甘え泣きが出るのを待つこと=それはほめるため


しからなあかん時はしかります。それは、いのちに関わる時と、人の心を傷つけた時です。でも、どなるのではありません。「どうして、したの」と、気持ちを受けとめてあげます。必ずそれなりの理由はあるはずです。「だって、○○ちゃんがいやなこと言ったんだもん」と、子どもは、いいわけをすることもあります。親は「くやしかったんだね」と、相づちをうってから、「じゃあ、こんなことをしてもいいの」、子「わるい」、親「じゃあ、なんでしたの」、子「だって・・・」と、すねます。ふくれます。親「じゃあ、あなたがそんなことしてもいいの」というやりとりをくり返します。


ギャーギャー泣いていた子どもが、そのうち、甘えるような泣き方を始めるまで続けます。甘え泣きが出たら、わが子を抱きしめ「悪かったなって思っているんだね。えらいね。わかってくれてうれしいな。もう泣かなくていいよ。意地悪なことをするのは、もうやめようね」と、ほめながら、やさしく語りかけてあげましょう。しかるのは、最後にほめるためだと、親はいつも自分に言い聞かせたいものですね。


育児・子育ては、気づいた時がスタートです


これらは、いずれもマニュアルではありません。子どもとの向き合い方の親の基本です。子育ては、親育ちなのです。気づいた時が新しいスタートですから、あせらず、あきらめず、できることから始めましょう。大事にしたいのは三つです。


一つめは、いつも親が子に言いすぎたと思った時は、わが子に「ごめんね、言いすぎた」とあやまって、素直にあやまるお手本を見せることです。二つめは、親が自分の失敗談を聞かせてあげることです。ドジな話、ずっこけた話などもしてやり、わが子といっしょに明るく大笑いできたら最高です。三つめは、わが子がつらかった日(しかられたり、失敗したり、泣いたりした日)は、夜ねる前に「よしよし、大丈夫だよ」と言って、ギューッと抱きしめてあげることです。


しからなあかん時は、しかります(怒鳴らずに)。ただし、したこと(言ったこと)をしかるのですから、「あなたのことは大好きだよ」「あなたはとても大切な子だよ」という言葉も言いながらしかるように心がけたいものです。そうすることで、子どもは自分がダメな子だと思わなくてすみます。


親自身が忙しい時こそ勝負です。どんなに忙しくても、子どもが何か言いたそうにしたら、後回しにせず、その場で聞いてあげることです。どんな小さな話題でも、目を見て、うなずきながら、子どもの気持ちを受け止めてあげます。中身によって、「すごいね」「困ったねえ」とか言いながらです。すると、子どもも親の声に耳を傾けるようになります。


携帯メール・スマホも必ずちょっと中断しましょう。時には、「ちょっとだけ待ってね」と言って、時計の針をさしながら、期待感を持って待たせることも体験させたいですね。あまり長い時間じゃない方がいいです。また時には、子どもが困っている時、手出し・口出しするのをがまんして、わざと見て見ぬふりをします。子どもが自分から助けを求めてきたら応えてあげます。言葉で要求を親に出すことが、喜びや安心につながる体験そのものです。以上、ミニプチ・ステップの概要でした。


おわりに(他の子と比べず、あせらないで、ぼちぼちと)


よくないことをしたら「ダメ」と止めて→ほめることや、お手伝いをさせて→ほめるのは、親の都合(感情)でするのでも、親の言いなりになる子にするためでもありません。子どもがいやなことでも、親の言うことを聞いたら、親は心からうれしいと思ってくれるし、ほめてくれるし、認めてくれるから、という心地いいなと感じる感性(親に自分の気持ちを受け入れてもらうことに喜びを感じる心=親の助言を受け入れることが苦にならないし喜びにできる心)を育てるためです。


親子でアイコンタクトが成立できていない段階なのか、親子でだっこや押しずもうがどの程度できるようになった段階なのか、お手伝いや「したらダメ」を入れ愛着の心を育てることが必要な段階なのか、子どもの今の姿(サイン・悲鳴)をしっかり観てあげることと、親の心と体(表情・言葉・態度)で返事をしてあげることが、子どもの気持ちを感じながら、子どもに安心と自信をはぐくみながら、子の心も、親の心も、いっしょに育っていける「子どものこころ育て」と「しつけと虐待のちがいがわかる親育ち」を支えてくれるのではないでしょうか。


 今日       伊藤比呂美:訳     


今日、わたしはお皿を洗わなかった


ベッドはぐちゃぐちゃ


浸(つ)けといたおむつは


だんだんくさくなってきた



きのうこぼした食べかすが


床の上からわたしを見ている


窓ガラスはよごれすぎてアートみたい


雨が降るまでこのままだと思う



人に見られたらなんて言われるか


ひどいねえとか、だらしないとか


今日一日、何をしていたの?とか



わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた


わたしは、この子が泣きやむまで、ずっと抱っこしていた


わたしは、この子とかくれんぼした


わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った


わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった


わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた



ほんとにいったい一日何をしていたのかな



たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと


でもこう考えれば、いいんじゃない?


今日一日、わたしは


澄(す)んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために


すごく大切なことをしていたんだって


そしてもし、そっちのほうがほんとなら、


わたしはちゃーんとやったわけだ



育児・子育て真っ最中のママさんたちは、育児ストレスや孤独感を感じたり、お姑さんやご近所さんの目に厳しい視線を感じたり、中には、ママ友さんや保健センター:スタッフさんの何気ない言葉から、過剰にトゲトゲしたものを感じてしまうママさんほど、この最後の1行「わたしはちゃーんとやったわけだ」まで読み終えた時、「これって、私のこと言ってくれてる」と、何だかうれしく感じた方がとても多かったのでしょうね。


「パパママ育児③」Q&A【トイレトレーニング、「やめて」と言っても「おいで」と言っても‥】【お片付け・破る・お着替え・口答え・歩き食べ・手づかみ・歯磨き】
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898335/



by takaboo-54p125 | 2014-12-06 05:15 | 育児・子育て