混合授乳対策
(赤ちゃんがほ乳瓶でうまく飲めない時)


授乳を混合でしておられるお母さんへのワンポイント・アドバイス
助産師さんに教えてもらいました。
授乳を混合でしておられる場合、赤ちゃんは母乳を飲む時の乳首をくわえる
感覚と、ほ乳ビンをくわえる感覚のちがいが、わかりません。
混合だから、最初は両方の形、感触のちがいが覚えられなくて、
くちびるが内側に入って(口紅をぬっている時のような感じ)、
上手に飲めないのです。


ですから、赤ちゃんの上くちびるは上側(外側)にめくる感じで、
お母さんが、自分の人差し指で、やさしく助けてあげます。
下くちびるも下側(外側)にめくる感じで、同じように助けてあげます。
言いかえれば、くわえている赤ちゃんのくちびるを、
タコのまねをさせるようにして、くわえさせると、
意外に上手に飲めるようになります。
「えっ、こんな簡単なことで」
と、びっくりしました。


人差し指でそっと、くちびるを上下にめくってあげるだけですよ。
よい例えではありませんが、
酔っぱらっている時のお父さんがキス(チュー)を求めるくちびるの形に
してあげることが、
赤ちゃんが混合乳(母乳もほ乳ビンも)を、
どちらもうまく飲めるようになるコツなのです。
私の子もそうでした。


by takaboo-54p125 | 2014-04-19 05:07 | 育児・子育て