「てぶくろをかいに」「ごんぎつね」などの作品で有名な新美南吉(私が最も好きなお話は「あめだま」)の絵本「にひきのかえる」を読みました。こういう仲直りもあるのか・・と、あったかい気持ちにさせてもらえました。新美南吉絵本大賞にも選ばれたそうです。


他には「でんでんむしのかなしみ」「おじいさんのランプ」も読みました。「あかいろうそく」「かにのしょうばい」などは、まだ読んでいませんが、いつかは読んでみたいと思っています。


なお、「にひきのかえる」などの本文は、次のHPで紹介されていました。読み聞かせにもオススメです。


新美南吉 にひきのかえる 青空文庫

http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/4718_13223.html

新美南吉 でんでんむしのかなしみ 青空文庫
https://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/43403_16820.html

新美南吉 おじいさんのランプ 青空文庫
https://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/635_14853.html


by takaboo-54p125 | 2013-06-22 05:02 |

『寿限無』と聞くと、子どもたちが長い名前を覚えて、早口で言うのが流行ったのを思い出します。

落語だったと思います。


熊五郎のところに男の子が生まれ、和尚さんに命名してもらいます。

ありきたりの名前では納得しない熊五郎は

「死なない保証つきみたいな、ステキな名前をつけてやってくだせえ」

と無理を言います。

最初の「寿限無」は気に入ったものの、これ1つでは満足できない熊五郎のために、和尚さんは次々と縁起のいい言葉を言っていきます。

すると、熊五郎はどれもこれも気に入ってしまい、

「全部、名前につけちまいます」

と、とんでもなく長い名前になってしまったのです。
その子が大きくなって、友だちの金坊の頭に「こぶ」をつくってしまい、金坊は熊五郎夫婦に言いつけます。

ところが、その子の名前が長すぎるので、事情を説明するだけで時間がかかってしまいます。


おかみさん「あらまあ、金ちゃん、すまなかったねえ。

じゃあ、なにかい、うちの、寿限無寿限無、五劫のすれきれ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命の長助が、おまえの頭にこぶをこしらえたって、まあ、とんでもない子じゃないか。

ちょいと、おまえさん、聞いたかい?

うちの、寿限無寿限無、五劫のすれきれ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命の長助が、金ちゃんの頭へこぶをこしらえたんだとさ」


熊五郎「じゃあ、なにか、うちの、寿限無寿限無、五劫のすれきれ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命の長助が、金坊の頭へこぶをこしらえたっていうのか。

どれ、見せてみな、頭を・・・・・なーんだ、こぶなんざあ、ねえじゃないか」
「あんまり長い名前だから、こぶがひっこんじゃった」

この、「こぶがひっこんじゃった」というのがオチになるという、お話です。

小学校の2~3年生で、お話のプリント(読み仮名つき)を読んであげます。

すると、この、楽しいという意味でばかばかしいお話(それが落語)を、ものすごいスピードで音読する子やら、覚えてしまい暗唱する子やら、適当にメロディーをつけて歌う子やら、どの子も、自分なりに楽しめるから不思議な魅力のお話です。

関連ページ

子どもは素話・読み聞かせが大好き「やぎさんふとってデンガラドンのドン」「あめだま」「あとかくしの雪」「白い足あと」「三まいのおふだ」「定ちゃんの手紙」「三年峠」

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898104/



by takaboo-54p125 | 2013-06-01 05:09 | お話・リズム遊び・室内ゲーム