小学校の帰りの会では、さまざまなプリントを配ります。配り係の子どもたちが、自分の班の1人ひとりの机上に置いていく方法を採り入れているクラスもあります。おそらく多いのは、担任が各列の一番前に座っている子へ、その列の人数分のプリントを配り、受け取った子どもが、後ろの座席の子へ順番に渡していく方法でしょうか。


以前、そのやり方で、子どもが後ろを見ないで、プリントの束をサッと渡そうとして、すぐ後ろの座席の子の目に、プリントの角がかすったケースがありました。すぐ目の痛みを訴えたので、担任が保健室に連れて行き、養護教諭の判断で、すぐに眼科で受診ということになりました。異常なしで、ホッとしました。私もプリントの角で自分の指をシュッとやってしまい、傷テープを貼った経験があります。たかが紙とは言え、シュッとやれば切れますから、これが目に当たれば、たいへん危険であると言えます。


それ以来、そのクラスの担任はもちろん、どの学年・クラスでも、プリントを配布する時には、次のような声かけをするようになりました。生徒指導でだった私も、担任不在で、帰りの会を代わりにする時は、その都度、必ず以下の「ひと言」をかけました。


プリントは、必ず後ろの人の手に渡します。だから、手渡すときは、後ろの人の顔を見ましょう。プリントが目に当たったら、危ないからですよ


以上、学校ぐるみ(毎日)の、何気ない、ちょっとした気配りの危機管理の事例でした。とっくに実行しておられる学校もあるとは思います。釈迦に説法ですが・・。


【全国学力調査・アンケート結果より・・ゲーム機・スマホ】


8月に発表された全国学力調査・アンケート結果の、ゲーム機・スマホの利用時間・所持率に注目してみましょう。


テレビやDVDなどを視聴する時間は、児童・生徒ともにやや減る傾向ですが、その代わりに、ゲーム機やスマホでゲームをする時間は増えていて、平日に2時間以上する子は、2008年度は小6が23,7%、中3が20,9%だったのが、2015年度は小6が30,0%中3が35,9%でした。4時間以上している子は、小6・中3ともに10%前後で、心配です。小6で、10人に3人が平日2時間以上、10人に1人が平日4時間以上、大丈夫でしょうか。


2014年度と2015年度を比べて、ケータイ・スマホを平日に1時間以上さわっている子は、小6が15,1%→16,9%中3が47%で横ばいですが、ケータイ・スマホを持っている子は、小6が54%→58,2%中3が76,9%→78,9%と増えています。ガラケーの頃は、中学生の所持率は50%前後で推移していたのが、スマホの登場で、子どもに持たせる家庭が一気に増えました。しかし、LINEのマナーを親子共に学ばないまま「無防備」状態でスマホを持たせていることが、とても気になります。


8月22日の記事で「高学年で教えるべきか」と書きましたが、今回2015年の調査結果を見る限り、「ゲーム機10カ条の憲法(案)」や「スマホLINEマナー10項目」などを教えるネット・リテラシー教育は、小学校高学年でしておくべきでしょうね(親子共に)。中学・高校でも、発達段階に応じた指導を、くり返し積み重ねることが大切なのはもちろんです。(以下は参考資料)


関連ページ

子どもの「ネット・トラブル」を防ぐ【ネット・リテラシー教育】は、親子の絆を結び直す「きっかけづくり」【小学生:ゲーム機10カ条の憲法(案)】指導案+スマホLINEのマナー

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898533/



by takaboo-54p125 | 2015-09-05 05:11 | 健康

8月17日(日)の午前中、自治会の奉仕作業の終了後、汗びっしょりになったので、道路近くの縁台(わが家は道路の歩道沿いにあります)に座って、そよ風(道路の桜並木のほうから吹く風)で涼んで、一息ついてから、シャワーを浴びました。そうしたら、その翌日の朝、両腕・両足・お腹・背中のあちこちに赤い発疹ができていて、かゆくてたまりませんでした。しかも、増えていく感じがします。昼間はガマンしました。これって、何かのアレルギー?と思って、夕方、皮膚科に受診しました(皮膚科ですから30人待ちでした)。ドクターは、

「これはどう見ても、毛虫によるドクガ皮膚炎ですね」

と言われました。桜並木とそよ風の話を伝えると、

「毛虫と接触しなくても、毛虫の毛が風に飛ばされて来て、刺されます。かゆくて、手でかくと、毛がバラバラになって、周囲にも皮膚炎を広げるのですよ。これがもし、チャドクガだったら、かゆみに痛みも伴って、もっとつらいですよ。チャドクガではなさそうですね」

と解説されました(先生、解説はいいので、早く治療を!)。

「毛虫の毛が風でシャツやタオルに落ちた可能性があるなら、ガムテープでペタペタとってから、50℃以上のお湯で洗うといいかな。刺されたところは冷やすと、かゆみがマシになります。それにしても、たくさん刺されましたね。う~ん、100か所以上あるじゃないですか。なんで、もっと早く来なかったの(そんなこと言われても)。これは、すぐに注射をしないと・・」(先生、それやったら、もっと早く注射を!)

ということで、さっそく静脈注射(診療明細には、リンデロン2mgグルコリンS20ml)をしてもらいました。そして、3日分のリンデロン錠0,5mgという飲み薬と胃薬、7日分のエピナスチン錠20mgという飲み薬と、アンテベートクリーム0,05%(副腎皮質ホルモン剤)という塗り薬を処方してもらいました。約1週間で、かゆみは大体ひきましたが、ひどい目にあいました。そして、たかが毛虫・・と侮ってはいけないことを痛感しました。

17時半受付、混んでいたので21時半診察、調剤薬局を出たのは22時でした。かゆみが治まるまで10日以上かかりました。1週間後に再度受診してドクターの見解を拝聴しました。エーッ!と思ったのは、これで抗体が体内にできてしまったので、翌年以降、もし同じ目に遭ったら、アナフィラキシー・ショック(即、救急車を呼ぶ症状)を起こす危険性を、ドクターから指摘されたことです。ガーン、毛虫の毛って、飛んで来ても見えへん!でも、そのショック症状は、たしかスズメバチじゃなかったっけ?毛虫(特にチャドクガ)でも起こり得るかどうか、私にはわかりません。

そう言えば、毎年、自治会長さんたちが、桜並木の消毒を梅雨頃にしておられました。桜の葉っぱを見ると、無数の穴があいていました。つまり、桜の木の葉が青い(緑色)の間(5月~9月)で、葉っぱに穴が開いていたら要注意、だということを実感しました(葉っぱが虫食い状態で消毒していない桜は毛虫だらけ)。自治会長さんに伝えると、今年はまだ消毒していなかったそうです(やっぱり!)。その翌日、消毒してはりました。

しかし、誰か地域住民が毛虫の被害を受けてから消毒するのではなく、毎年、そのシーズンになったら桜並木を消毒する、という決め事を、自治会役員の引き継ぎ事項に加えてもらうよう、お願いしようと思いました。場所が、地域の小学生の集団登校:出発場所ですから、子どもたちが被害に遭わないように、葉桜の季節、葉っぱに小さな穴が開き始めたら自治会で消毒してもらわなくちゃ。

ちなみに、毛虫を1匹見つけたら、周囲の木々には100~200匹いると思ったほうがよいそうです。しかも、毛虫の毛(毒針)はそよ風でも抜けやすく、風下に飛んでくるので要注意とのことです(木陰でベビーカーを押して散歩したり、日差しを避けて涼みたいなら、葉っぱに穴が開いていないか要チェック)。

なお、私の知る範囲内の各学校・園では、梅雨の頃に、市から委託されたシルバーの方が、毎年、校地内にある桜の木々を消毒しておられました。みなさんの地域・学校・園では、ちゃんと葉桜の消毒(毛虫対策)をしておられますか?

ついでなので、最も厄介な毛虫がチャドクガです。お茶の木、サザンカ、ツバキなどにいます(茶摘み体験するなら、消毒済みか要確認)。年2回も出現します。5~6月に毛虫が発生して7~8月に成虫(蛾)になり、8~9月にも毛虫が発生して10~11月に成虫(蛾)になり、人が遭遇する期間が長いと言えます。その年の気候で時期がずれる場合もあるそうです。

刺されると、痛くてかゆくて、それが広がっていくようです。1度刺されると抗体ができて、2度以上刺されるとアレルギー反応が出て、症状が重くなるので、とりわけ乳幼児が刺されないように大人が気をつける必要があります。茶畑の横の通学路を通っただけで、そよ風で飛んできた「毛」が皮膚にふれてしまい、それだけで刺されて、炎症が広がり、かゆみと痛みで泣いていた子もいました。対処法は、いろいろなHPで公開されています。私が刺されたのは桜の木の毛虫ですが、ドクターには、チャドクガにも気をつけなさい、と言われました(具体的には、どのように気をつけるのかは、何ひとつ教えてもらえませんでした_ _ )・・・。


猛毒きのこカエンタケ=火炎茸)には、近づかないで!


というニュースが、昨日9月5日夕方に流れていました。夕食の話題にすると、末っ子が以前のニュースにも出ていたと言いました。「火炎茸」と言うぐらい、派手な色の「カエンタケ」は、近年「ナラ枯れ」の被害が増加する中、ナラ・シイ・カシ(どんぐりの木仲間)のブナ科樹木の枯れ木の根元に生える猛毒きのこ」であると、ニュースでは言っていました。切り倒された切り株でも同じです。


さわっただけで、触れた皮膚が重大な損傷を受ける(皮膚炎では済まない・・ただれる)とも言っていました。これは、絶対に触ってはいけないし、子どもたちには絶対に近寄らないように、わかりやすく話してあげてほしいと思います。どんぐり拾い・山の子学校・森探検・遠足などに行く子どもたちには、必ず!です。代々木公園の蚊(デング熱媒介)が他公園で発見されたことも気になるところですが、それ以上と言っても過言ではないほど恐ろしい猛毒だという事実は、決しておおげさではないと感じました。


ナラ枯れ」被害は、林野庁の調査によると、H15年:5万mから年々増え、H22年:32,5万mと、全国の被害は深刻化しています(H23年以降は被害が減りつつも、毎年H15年の被害量以上です)。H15年以降で計135万mという膨大な枯れた木々の根元こそが、「カエンタケ」の生える場所になるのです。私はつい、「風の谷のナウシカ」に出てくる「腐海」で毒を出す菌類や胞子を思い出してしまいました。


by takaboo-54p125 | 2014-09-06 04:02 | 健康