人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「わが名はオズヌ」今野敏(小学館)を読むと、スカッとします

公立図書館で「わが名はオズヌ」今野敏(こんのびん)[小学館]を1年ぶりに借りて、読みました。
予想どおり図書館の書棚には、ありませんでした。
書棚にある今野敏さんの単行本は、任侠シリーズ(楽しいイチオシ)など、人気の本が20冊以上は並んでいます。
図書館のコンピュータで検索したら貸出可になっていたので、司書さんに聞くと、やはり書庫で眠っていたのです。
さっそく借りて帰りました(裏表紙をめくると、返却日のハンコが押してます‥前回の返却日は約1年前‥おそらく私かな‥)。

「わが名はオズヌ」は、何回読んでも、ワクワクしながら一気に読めて、ラストはスカッとしますよ。
大昔の修験道の祖と言われる役小角(えんのおずぬ)は、日本百名山-二百名山-三百名山にも、その名がよく登場します。
その役小角が、今の時代にタイムスリップして、まるで現代版「水戸黄門」のように大活躍するお話と言えばよいのでしょうか。

私にとっては、「正義は勝つ」イチオシの1冊であります。
私のおススメの本は、当ブログのプロフィールに載せてありますので、もし、よかったら、ご覧ください。

関連ページ

by takaboo-54p125 | 2022-08-01 05:14 |