人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東山道(の北関東~近畿)にあった昔の国名一覧

東山道(とうさんどう)‥東北地方北関東-中部地方内陸県から近江(おうみ)を経て京の都へ至る地域全体とのこと。
           言いかえると、古代からの律令制における地方行政区分と言われる五畿七道(畿内七道)の1つ‥
           東山道は、明治初期、廃藩置県前に13ヶ国になる前は8ヶ国でした(江戸時代の藩の数ははるかに多いです)。
           中山道(なかせんどう:江戸時代の五街道の1つ)とは、意味合いが全く異なるということも、前々回にわかりました。
           今回は北関東-中部地方-近畿近江など内陸県(海のない県)の6ヶ国(甲州東山道ではなく東海道)です。

下野(しもつけのくに)」‥栃木県の全域に当時あった9郡とのこと。
             野州(やしゅう)とも呼ばれていたそうです。

上野(こうずけのくに)」‥群馬県の全域に当時あった14郡とのこと。
             上州(じょうしゅう)とも上毛(じょうもう)とも呼ばれていました。
             京の都に近いほうから上野(こうずけ)」下野(しもつけ)」ということなのでしょう。

信濃(しなののくに)」‥長野県の全域に当時あった10郡とのこと。
            信州(しんしゅう)とも呼ばれていました。葛飾北斎(かつしかほくさい)の浮世絵
           「富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」にも信州諏訪湖(‥すわこ)があります。
            五街道の1つ中山道が通っていました。

飛騨(ひだのくに)」‥岐阜県の北部に当時あった3郡とのこと。
           飛州(ひしゅう)とも呼ばれていたそうです。

美濃(みののくに)」‥岐阜県の南部に当時あった21郡とのこと。
           濃州(のうしゅう)とも呼ばれていたそうです。
           五街道の1つ中山道が通っていました。
           三関(さんかんorさんげん)の1つ不破関(ふわのせき)は「近江(おうみ)」との国境にありました。
                     [鈴鹿関(すずかのせき)東海道の「伊勢(いせ)」の「近江」国境にありました]

近江(おうみのくに)」‥滋賀県の全域に当時あった12郡とのこと。
            江州(ごうしゅう)とも呼ばれていました。
            五街道のうち中山道東海道も通っていました。
            三関の1つ逢阪関(おうさかのせき)が「山城(やましろ)」との国境にありました。
            忍者-忍術で有名な「伊賀」(いが)流に対して‥「近江」の甲賀(こう)流‥「」の読み方も異なります。
                       
関連記事

by takaboo-54p125 | 2021-10-16 05:03 | 昔の国名