人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「蝦夷」と東山道(いにしえの東北地方)にあった昔の国名一覧

この「昔の国名」シリーズは、「山の名前」シリーズの合間に時々入れていくつもりです(昔の国名=山名という山もありますし‥)。
少なくとも奈良-平安-鎌倉-南北朝-室町-安土桃山-江戸時代までの間は、東北~九州地方(北海道と沖縄県以外)は68ヶ国でした。
大宝律令701年‥律令制による地方区分が始まったのは、奈良時代(平城京)の前、飛鳥時代(藤原京へ遷都した頃)でしょうか。
明治新政府による政策で68ヶ国73ヶ国=[東北地方の国が分割されて増えた分]ですので、次回にわかる範囲で説明いたします。
廃藩置県のためのステップだったのでしょうか‥蝦夷北海道-渡島半島南部渡島国(おしまのくに)を含めると74ヶ国ですか‥。

蝦夷(えぞ)」‥読み方や場所や意味や時代も含めて、さまざまな民俗学の研究による奥の深い解釈があるようです‥。
          北海道内だけでなく、東北地方の北部にもアイヌ語を由来とする地名-山名があることを初めて知りました。 
          ここでは「アイヌ語を話すアイヌ民族の人々が先住民として暮らしていた北海道」でよろしいでしょうか。

東山道(とうさんどう)‥東北地方北関東-中部地方内陸県から近江(おうみ)を経て京の都へ至る地域の総称です。
          言いかえると、律令制における地方区分と言われる五畿七道(畿内七道)のうちの1つになります
          東山道は明治初期の廃藩置県前に13ヶ国となるまで、8ヶ国でした(江戸時代の藩の数とは違います)。
          中山道(なかせんどう:江戸時代の五街道の1つ)とは、意味合いが全くちがうことも、わかりました。
          今回はいにしえ(飛鳥時代ごろ)~明治時代初期における東北地方の国‥の読み方だけに焦点をあてましょう。
          今、6県ある東北に千数百年以上2ヶ国‥北の先住民:蝦夷(えみし)の人々には朝廷の権力が及ばなかったのか‥
          後日、紹介いたします城柵(じょうさく)を、陸奥国や出羽国や越後国などに何か所も設けたのでしょう‥。
          ふと、スタジオジブリ-アニメ映画「もののけ姫」におけるアシタカの一族の民を思い出してしまいました‥。
            
陸奥(みちのくのくにorむつのくに)」‥(京の都から遠い‥みちのおく→みちのくむつ)と読み方がかわっていったのかな‥。
           青森県-秋田県の一部(北東部)-岩手県-宮城県-福島県という東北地方のおもに太平洋になります。
           奥州(おうしゅう)とも呼ばれていました。

出羽(でわのくに)」‥秋田県の大部分(江戸時代-藩-領地関係で北東部を除く)-山形県という東北地方日本海になります。
           羽州(うしゅう)とも呼ばれていました。
           出羽山地(でわさんち)が「出羽」を縦断しています(地図を眺めるだけの私には、飛び飛びに見えますが‥)。

奥羽山脈(おううさんみゃく)‥奥州(おうしゅう)と羽州(うしゅう)の間を南北に縦断して連なる山脈‥約500kmという日本最長の山脈です。
奥羽本線(おううほんせん)[福島駅~山形-秋田県経由~青森駅]という鉄道路線が「陸奥」~「出羽」~「陸奥」とつないでいます。
山形新幹線や秋田新幹線が走っている区間もあります。

ミスがあったら、ご容赦ください。

関連記事

by takaboo-54p125 | 2021-10-02 05:01 | 昔の国名