「パパママ育児⑦」【スマホを乳幼児にさわらせるのは○か×か・・・近頃の不寛容さを思うと△でしょうか】【やり抜く力と自制心を育てるポイント】

スマホを乳幼児にさわらせるのは○か×か△か


歯医者さんの待合室で何気なく雑誌を読むと、とても気になる記事がありました。それは、小児科や精神科のドクターたちが「近頃の赤ちゃんの泣き方がおかしい」と感じていることから、ジャーナリストの方が警鐘を鳴らす記事でした。その後、図書館で再度、同記事を読み返しました。一読されるのをオススメしたい内容でした。


記事の概要を紹介させてください。


書き出し(太字)は『最近、尋常ではない泣き方をする赤ちゃんを、電車の中などで見たことがある人もいるのではないか。小児科医に聞くと、"金属音"のような泣き声を出す乳幼児が増え、それは親のスマホの使い方と関連性が高いという。・・』でした。記事に登場するドクターは全員実名ですが、ここでは伏せておきます。


長野県の小児科医の、乳幼児を心配する声が載っていました。


「金属的な叫び声のような泣き方をする子、泣き始めるとパニックになっておさまらない子が、数十人に一人の割合でいます。・・(中略)・・女の子の方が多いのですが、男の子もいます」


「待合室でスマートフォンを使うお母さん、お父さんが増えました。お母さんが赤ちゃんを抱っこバンドで前抱っこしている時、赤ちゃんは一心にお母さんの顔を見つめているのに、お母さんは顔をそむけたまま無表情でスマホを・・(後略)」


東京都の小児科医の、乳幼児を心配する声も載っていました。


「最近、パニックを起こして自己抑制できない子どもたちが多いですね。特に予防接種では過剰に反応し、泣きわめく、騒ぐ、蹴る。・・(後略)」


「(前略)・・子どもたちは親とアイコンタクトを通して信頼関係を築いて育つのに・・(中略)・・スマホを使っている親は、子どもと向き合わずに簡単にスマホを子どもに渡しているのです」


日本小児科医会常任理事(医師)の、育児や発達に関する見解が載っていました。


「(前略)・・赤ちゃんは、生後36カ月(3才)頃までに急速に脳の言語中枢や自己抑制の中枢が発達します。その期間に、泣いて欲求を訴えたり、親や保育者と言葉のキャッチボールをしながら言葉を覚え、自己抑制も覚えていきます。ところが、スマホが親子の間に入り込むと、言語や自己抑制の発達に、悪影響が及ぶと考えられます・・(後略)」


静岡県の小児科医の、育児や発達に関する見解も載っていました。


「(前略)・・眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)は、出生の少し前から発達し始めて、生後3年足らずで発達を期待できなくなります。その間、眼窩前頭皮質は親や保育者からの愛着と信頼、そして、教えられた我慢で育ちます。ところが・・(後略)」


大阪府の精神科医の、乳幼児を心配する声も載っていました。


「(前略)・・赤ちゃんには、笑ったら笑い返す、泣いたら『どうしたの?』と抱っこして反応することが基本なのです。それが今では、抱っこをしながらでも、赤ちゃんの顔よりも、スマホの画面をつい見てしまいます」


ネット依存治療部門がある、神奈川県の国立病院機構・久里浜医療センター長(精神科医)が、「依存症の低年齢化」を指摘されている声も載っていました。


「(前略)ITメディアの依存症・・(中略)・・特にスマホは、ゲームや動画、インターネット、SNSなど依存しやすいアプリがたくさんインストールできるので、治療が本当に困難です」


日本小児科医会の、キャンペーン「スマホに子守りをさせないで」も紹介されていたので、日本小児科医会のHPを閲覧すると、以下の提言○×が書いてありました。


 赤ちゃんと目と目を合わせ、語りかけることで赤ちゃんの安心感と親子の愛着が育まれます」(どうせ赤ちゃんにはわからない!と決めつけないほうがよい)


× ムズがる赤ちゃんに、子育てアプリの画面で応えることは、赤ちゃんの育ちをゆがめる可能性があります」(親を求める赤ちゃんを、アプリでごまかさないほうがよい)


あちこちの小児科医や精神科医(臨床経験の豊富な専門医)の、今の乳幼児を心配する声を聞いて、育児・子育てに警鐘を鳴らす説得力のある記事でした。1990年前後に小児科医が「サイレント・ベビー」と呼び始めてから四半世紀以上が経ち、その子たちがちょうど親世代(=スマホ世代)になる時期と重なる昨今・・なるほど、私も同感です。閲覧者のみなさま、親世代への「あったかい啓発」


家庭で、わが子が泣いた時や親の顔を見ている時は、スマホをちょこっと中断し、わが子の目を見ながら受け答えしてあげてほしいと思うのですが、いかがでしょうか?。


わが子に「パパ・ママは、ボク・ワタシよりスマホに夢中なの?」と思わせる親には、出来ればならないでほしいと思うのですが、いかがでしょうか?。


わが子が親よりスマホを大事にする子に育ってしまわないよう、スマホにさわらせるのは、こういう時だけにしようと決めておくといいと思うのですが、いかがでしょうか?


など、保護者を責めずに伝えてあげてください。「三つ子の魂、百まで」なのですから。ただ、公共交通機関を利用している時に、わが子が泣いてしまった場合の「お守り」代わりがスマホであることも現実でしょう。大切なのは、困ったらスマホに頼る時があってもいいけど、頼りっぱなしにならないようにすることでしょうか。


ところで、2016年1月22~23日に、ニュースや新聞で報道されているのが、「子どもの近視」についてです。文部科学省が発表したH26年度のデータでは、小学生の10人に3人、幼稚園児の4人に1人が視力1,0未満でした(H20年以降の7年間続いています)。さらに、小学生の場合は5人に1人が視力0,7未満です。その原因として、保護者のスマホを幼児期から長時間さわらせたり、3DSなどのゲーム機やパソコンの長時間使用が考えられると、眼科医も指摘しています。乳児・幼児にもスマホをさわらせている保護者のみなさんは、幼いお子さんの視力低下に影響を与えていることに気づいておられるのでしょうか。


「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」


とりあえず、国内のことだけにしぼって、少々気になる(心配な)ことを挙げてみます。


たしか2015年末、関西電力から「節電のお願い」のEメールが私のパソコンへ、メールが私のケータイへ来ました。それはよくわかります。しかし、一方で各テーマパーク・観光地・ショッピングモール・ホテル・デパート・公園から大通り・住宅街まで、イルミネーションのオンパレードです。節電要請が必要な状況の日本になっているのに、電飾だらけの世の中って、なんか矛盾してへんのかなぁと感じるのは、私だけなのでしょうか。


さて、電車に乗ると、ずっとスマホとにらめっこしている人の多いことには、毎回びっくりします。無料オンラインゲーム「モンスト」「パズドラ」などの会社の売り上げが月100億円を超えたりする理由を垣間見た気がします。たまに、読書している人を見かけるとホッとします。私がもし、東京・山手線や大阪・環状線に乗っていたら、いざという時(地震など)の対策として、外の景色(特に目印となる建物など)をよく見ておいて、どの駅からでも徒歩で帰宅したり勤務先へ向かえる、おおよその経路をイメージしておきたいです(地下鉄ではさらに、もうひと工夫いるでしょうが)。


身近な人に聞けば済む内容でも、即スマホで検索する人が少なくありません。先日1月7日(木)の朝日新聞2面には、「正規サイト見ただけで感染 ウイルス入り広告が誘導」という記事が載っていました。トレンドマイクロ社が推奨する対策で私にも出来ることは、Windowsもウイルスバスターも、常に最新の状態にバージョンアップすることぐらいです。とりあえずデスクトップ上に、広告のないGoogleのショートカットを出してみましたが・・。


2016年1月6日(水)の朝日新聞2面、「ネットの呪縛 恋愛は面倒」という記事では、『(前略)・・かつて恋愛は2人だけで世界が完結する楽しいものだったのに、今は数多くの人同士がSNSでつながって衆人環視下に置かれ、面倒なもの・・(後略)』と、親子の「恋人はいらない 親ラブ族」化現象を憂慮する有識者(「おひとりさま」「草食系男子」などの新語を世に出した方)の声が載っていました。何でもかんでもSNSの時代です。せめて恋愛とSNSだけは切り離さなくっちゃ。恋愛とSNSを連動させるのは、お互いに精神的負荷がかかりすぎてNG(危険)だと思いませんか。たしかに年頃の娘さんと親(知人)が2人仲よくお出かけする「親ラブ族」化の姿を、私も見かけました(挨拶はしたけど、20代のお子さん・・大丈夫でしょうか?)。


また、親子(小学生)連れなのに会話がゼロ、両親が2人ともスマホをさわっていて、子どもも3DSやPSPなどの携帯ゲーム機をさわっている・・ただ親子が同じ時間と空間を共にしているだけ・・何のために一緒にいるのかな、見ていると少し空しくなりました(前段落の「親ラブ族」も含めて、人様の家庭のことながら、日本の将来が心配です)。わが家のスマホ対策としては、docomoに毎月50円手数料を払う契約(手続きは簡単)をし、紙ベースの月額請求書を送ってもらってます。その請求の内訳を息子達にも見てもらう(たまに食事が一緒になる時)だけで、各自がそれなりに自覚してくれているようです。


2016年も、いろんな年賀状を頂戴しました。ありがとうございます。ここ数年、気になるのが、ご家族の写真を載せる年賀状の中に、危険だなぁと思うケースが見受けられることです。お子さんのかわいい写真(超アップ)を載せたい親心もわかりますが、私なら、わが子をネット・トラブルの危険にさらすかも知れないのが怖くて出来ません。理由はその年賀状を受け取った人が、自宅の居間に何気なく置いておく場合もあるからです。そこへ偶然その家族の友人が来訪し、年賀状の写真が目に入り「かわいい」と、スマホでカシャッ、悪気はないけどSNSにアップ(非常識or無知な人も)、これって超やばくないですか。この可能性が0%とは、私には到底思えません。お子さんをネット・トラブルから守るため、自重されることを願います。


以上、今、パッと浮かんだ具体的場面6つのうち、5つもスマホ関連です。どうか皆さん、スマホも上手に活用しながらスマホ依存にならないで!(SNS依存になると、脳の思考も○か×かというパターンになり、人づきあいもシャットダウン・リセットという感覚になっちゃうから)と願いつつ、何かと、格言「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」の意味を、かみしめたい時代になってきていると、つくづく思います。そんな時には、ザ・ブルーハーツの名曲「情熱のバラ」で歌われている歌詞「なるべく小さな幸せと、なるべく小さな不幸せ、なるべくいっぱい集めよう」を口ずさむようにしています(便利さに安住しそうになる自らを戒める言葉として)。だらだら書きましたが、結論は、あくまでもスマホは人が上手に活用するツールであって、人がスマホに支配されちゃいけないのではないかという意味で、今のところ△かなぁと思います。


意欲(やり抜く力)と自制心を育てることの意味


2015年秋、久しぶりに出会った学生時代の友人(逸材)から薦められていた本を、この冬に、ようやく読むことができました。教育経済学者の中室牧子・慶應義塾大学総合政策学部准教授の著書『「学力」の経済学』です。就学前保育教育や学校教育に携わる方は、自らの視野を広げるという観点からも、直接読まれることをぜひオススメします。


なんせ、初版2015年6月18日から5ヶ月未満に第12刷発行(増刷)という、傑出した教育経済学書(アメリカにおける科学的な検証により、教育にいつ投資すべきかを明らかにした内容をまとめた経済書=すぐれた教育実践家個人の経験や勘ではなく、科学的な実験~追跡調査に基づいた教育書)なのです。とっくに、文部科学省もベネッセ教育総合研究所も注目している・・とも聞きました(ベネッセの発信にも期待)。


さて、肝心の本書『「学力」の経済学』(中室牧子・著)の目次を見ますと、


第1章 他人の“成功体験”はわが子にも活かせるのか?


第2章 子どもを“ご褒美”で釣ってはいけないのか?


第3章 “勉強”はそんなに大切なのか?


第4章 “少人数学級”には効果があるのか?


第5章 “いい先生”とはどんな先生なのか?


という構成になっています。凡才の私ですので何度も読み返しながら、その中から「なるほど!」と共感・納得したところを中心に、ふれてみたいと思います。


その1つ目ですが、本書18ページの中ほどに、


『この法律(落ちこぼれ防止法)の中で、実に111回も用いられている象徴的な言葉があります。それが「科学的な根拠に基づく」というフレーズです。この法律によって米国の教育政策は大きく舵を切ることを余儀なくされました。(中略)科学的根拠に基づく教育政策とは、「どういう教育が成功する子どもを育てるのか」ということを科学的に明らかにしようとする試みです。』


と書いてあります。アメリカの経済学者や心理学者による、実験~追跡調査など、さまざまな科学的根拠を示した事実(学ぶべきところ)に関する中室先生の解説は、後ほど紹介しますが、そういう科学的根拠に基づく教育政策や教育論議が、日本では不十分だったのをご指摘くださったことに感謝します(反省です)。ただ、アメリカの「落ちこぼれ防止法」自体は失敗に終わり、アメリカでは新たな模索が始まっています。その概要については、以下の記事で紹介していますので、よかったら、ご覧ください。


2つ目は、本書32~39ページに、


『ご褒美が子どもの出席や学力にどのような因果関係を持つかについて、精力的に研究を行っているのが、ジョン・ベイツ・クラーク賞の受賞者でもある、ハーバード大学のフライヤー教授です。(中略)学力テストの結果がよくなったのは、インプットにご褒美を与えられた子どもたちだったのです。(中略)ここから得られる極めて重要な教訓は、ご褒美は、「テストの点数」などのアウトプットではなく、「本を読む」「宿題をする」などのインプットに対して与えるべきだということです。』


と書いてあることです。「なるほど!」と思いました。フライヤー教授の検証に基づくご意見には、私も賛同いたします。


3つ目は、本書49~51ページに、


『コロンビア大学のミューラー教授らは、ある公立学校の生徒を対象にして「ほめ方」に関する実験を行いました。(中略)子どもをほめるときには、「あなたはやればできるのよ」ではなく、「今日は1時間も勉強できたんだね」「今月は遅刻や欠席が一度もなかったね」と具体的に子どもが達成した内容を挙げるのが重要です。そうすることによって、さらなる努力を引き出し、難しいことでも挑戦しようとする子どもに育つというのがこの研究から得られる知見です。』


と書いてあることです。このように、わかりやすくまとめてくださった中室先生には感謝します。本書を薦めてくれた私の友人の言葉を借りれば、


『能力をほめても子どもは伸びない、努力をほめると子どもは伸びる。


生活の中で、手伝いや自分で自分のことをする場面などで、


「早くできるように、がんばったね」


「重くても、よくガマンして運んだね」


「イヤなことなのに、しんぼう強く全部やり通せたね」


「ママの言うことを聞いて、最後まですることができるのは、すごいことだね」


「自分のことを全部するって、なかなかできないことなんだよ。よくやったね」


こんな、ほめ方をすることでしょうか・・・』


これらが、アメリカでは科学的な根拠に基づいて、既に明らかにされていたのです。


4つ目は、本書73~77ページに書いてある、


『教育にはいつ投資すべきか』で、『1992年にノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のベッカー教授が提唱(以下略)』と、具体的に紹介されていることと、


78~82ページに書いてある、


『幼児教育の重要性』で、『シカゴ大学のヘックマン教授(2000年ノーベル経済学賞)らの研究業績(以下略)』を紹介されていることです。私は、ここで初めて「ペリー幼稚園プログラム」を知りました。その内容は、ぜひ本書をお読みください。


今の日本に必要なのは、ただ待機児童を解消するだけでなく、投資すべき就学前保育教育とは具体的に何かを明らかにし(アメリカでは既に明らかにされていますが)、それに見合った子育て支援施策を行うことでしょう。それを解く鍵は「ペリー幼稚園プログラム」の中にあることを、中室先生は86~89ページで指摘されています。


話はそれますが、前述の保育園の待機児童を解消するには定員増のための保育士確保も必須でしょう。ところが、保育士全般(若手~中堅)で、クラス担任になることを望まない傾向が見られます(人件費削減のしわ寄せとして、担任の仕事量が多すぎるから)。それだけの職責に比例した待遇改善もせず、担任の仕事量負担も軽減しないまま、エラい人が公約に掲げる待機児童解消は「絵に描いた餅」と言わざるを得ません。そうならないためにも、中室先生のご指摘は、幼稚園教育はもちろん、保育園・認定こども園における保育内容を吟味するためにも、採択に値すると思いました。


さらに5つ目ですが、本書90~94ページに、


『重要な非認知能力:「自制心」』と、『重要な非認知能力:「やり抜く力」』が、『人生を成功に導くうえで重要だと考えられている』と記し、「自制心」と「やり抜く力」を育てるのが幼児教育で重要であることの、科学的な根拠を示されました。


文字や数などを理解したり操作したりするIQなどの認知能力に対して、非認知能力には、自分を信じてやり抜こうとする自己肯定感、やる気があって意欲的に取り組む力、少々イヤでもやり抜くねばり強さ・忍耐力、集団生活のルールを守りながら人と協力できる協調性・社会性・コミュニケーション能力、怒りや欲望を自らコントロールできる自制心、考えたり工夫することがイヤじゃない創造力などがあります。


自制心」を育てることについては、本書90ページで、


『「マシュマロ実験」と呼ばれる有名な研究があります。コロンビア大学の心理学者であるミシェル教授は(以下略)』というふうに、4歳児の「マシュマロ実験」~四半世紀を越える(大人になってからの)追跡調査という科学的根拠に基づいて、幼児教育で「自制心」を育てることが重要であると、教育現場へ提案されています。


やり抜く力」を育てることについては、本書94ページで、


『スタンフォード大学の心理学者であるドゥエック教授は、この力を伸ばすためには「心の持ちよう」が大切であると主張しています。ドゥエック教授らの研究によれば、「しなやかな心」を持つ、つまり「自分のもともとの能力は生まれつきのものではなくて、努力によって後天的に伸ばすことができる」ということを信じる子どもは、「やり抜く力」が強いことがわかっています。(以下略)』というふうに、「やり抜く力」の元を育てることが重要であると、親や教師へ提案されています。


6つ目は、本書103ページに、


『米国で実施された実験として有名なのは、「史上もっとも重要な調査」との呼び声が高いスタープロジェクトでしょう。(中略)日本では、「少人数学級」というと、35人学級を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、米国では少人数学級というと、20人以下のことを指すのが普通です。』


と書いてあります。このページの図21「学力と学級規模の関係」を見ると、35人学級と40人学級では学力に大きな違いはありませんが(←これを財務省が示したのなら、都合のよいデータだけ使うのはズルくないですか。文部科学省は、こっちのデータも示して反論し予算獲得につなげてほしいものです→)、学級規模が30人、25人、20人、15人と減るにつれて、学力は格段に向上していました。


7つ目は、本書114~126ページに、限られた教育予算の中で数十億円も使う「全国学力・学習状況調査」の意味合いや、順位の公表に関する見解が書いてあることです。『「学力テスト」に一喜一憂してはいけない』など、私も読みながら、「なるほど!」と共感しました(これは一読の価値があります)。


8つ目は、本書146~147ページに、


『ハーバード大学のチェティ教授らの研究グループ(中略)。ある子どもを、他の子どもや集団と比較するのではなく、過去のその子自身と比較して昨日より今日、今日より明日と伸ばしてやれる先生こそが、「いい先生」なのです。(以下略)』と書いてあることです。私も同感ですが、私の単なる直感と違って、中室先生は常に「科学的根拠」に基づいて事実を明らかになさっていますので、ただただ頭が下がります。ここまで読んで1つ気づきました。免許のいる多くの職業(医師免許など)がある中で、なぜ教員だけ免許状更新講習をH21年から導入したのか、科学的には疑問かつ不可解だということです。


少々脱線してすみません。以上、本書における「科学的根拠に基づいた」事実のまとめも、この本を紹介してくれた友人の言葉を借りてみましょう。彼の言葉は、全部で◎6つあります。


子どもが幼稚園で質の高い教育を受けるかどうかは、将来、社会的に成功するかどうかを左右する。


質の高い教育とは、子どものIQなどの認知能力ではなく、子どもの非認知能力が育っていく教育プログラムのこと。


非認知能力とは、社会性、忍耐力、自制心、意欲、創造性などがあるが、その中でも「意欲(やり抜く力)」と「自制心」が大切。


◎意欲は、ほめ方によって育ち「その子の能力」をほめる(「頭がいいね」等)と意欲が下がり、「苦労したこと、がんばった姿」をほめると意欲が育つ。


◎自制心は1才~3才までに親から共感的な眼差し(自発性を大切にした対応)でみてもらったり対応してもらうことで育つ。


学校の成績や社会的な成功を左右するのは、IQ(認知力)よりも「やり抜く力」「自制心」(非認知能力)の影響の方が、大きい。


このように、大人になって以降の人生の歩み方まで、3才までの育児・子育てが左右することが、アメリカでは経済学者や心理学者の研究グループの、長期にわたる検証によって明らかにされていました。研究グループだからこそ成し遂げられた成果です。それでは最後に、中室先生が著書の58・60ページに、ズバリ書いておられるひと言2つで、締めくくりたいと思います。


『「勉強しなさい」はエネルギーの無駄遣い』


『お手軽なものに効果はない』


関連ページ(記事)


「パパママ育児①」今すぐ始められる【子育てのポイント1~10】『心育て・親育ち』のミニプチ・ステップ

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898092/



by takaboo-54p125 | 2017-05-14 05:17 | 育児・子育て