ミャンマーの若者へ支援を続ける今泉清詞さんは元日本兵だったのですね

2015年12月9日(水)朝日新聞朝刊2面の連載記事「ひと」は、「ミャンマーの若者を支援し続ける元日本兵 今泉清詞さん」(新潟県生まれ・埼玉県在住)でした。


その記事によれば、92才の今泉清詞さんは、ビルマ(現ミャンマー)のインパール作戦に従軍した元日本兵でした。そのインパール作戦で戦死した、私の母の兄と、たぶん同じ年ぐらいではないでしょうか。記事の中ほどをぜひ紹介させてください。


『(第1・2段落省略)1989年、「ビルマ奨学会」を立ち上げた。(中略)


きっかけは、慰霊のために現地を訪れたときの体験だ。戦争中は現地の住民らから食料や家畜を徴発(軍が物資を強制的に取り立て)し、田畑を踏み荒らした。石を投げられても仕方ないと覚悟したが、行く先々で一緒に手を合わせ、温かく迎えてくれる人たちがいた。「何としても恩返しを」と心に決めた。


将来を担う若者を支援したいと、日本に来たミャンマー人留学生を毎年10人選び、月4万円を2年間支給した(全額返済不要)。その数は、約20年で計178人。奨学会はその後、現地の学生を支援する形になり、いまも資金援助を続ける。(以下略)』


記事の最後は、今泉清詞さんが最も大切にされている人生訓で結ばれていました。


『かけた情は水に流して、受けた恩は心に刻む』


無念の戦死だったであろう、体が丈夫じゃなかった伯父も、きっと今泉清詞さんが今ミャンマーの若者を支援でしておられることに、拍手をおくっているのではないでしょうか。朝日新聞の「ひと」は、なかなかよい記事が多いと思います。この今泉清詞さんの記事も、図書館などで全文を直接読まれることをオススメします。


by takaboo-54p125 | 2015-12-27 05:20 | 国際社会における日本