子どもはお話が大好き「スイミー」レオ=レオニ・作 谷川俊太郎・訳(教科書のお話を味わおう)

「スイミー」レオ=レオニ・作・絵 たにかわしゅんたろう・訳


(光村図書:小学2年国語教科書:上巻より)


広い 海の どこかに、


小さな 魚の きょうだいたちが、楽しく くらしていた。


みんな 赤いのに、一ぴきだけは、からす貝よりも まっ黒。


およぐのは、だれよりも はやかった。


名まえは スイミー。



ある 日、おそろしい まぐろが、おなかを すかせて、


すごい はやさで ミサイルみたいに つっこんで きた。


一口で、まぐろは、小さな 赤い 魚たちを、


一ぴき のこらず のみこんだ。


にげたのは スイミーだけ。


スイミーは およいだ、くらい 海の そこを。


こわかった。さびしかった。とても かなしかった。



けれど、海には、すばらしい ものが いっぱい あった。


おもしろい ものを 見る たびに、スイミーは、


だんだん 元気を とりもどした。


にじ色の ゼリーのような くらげ。


水中ブルドーザーみたいな いせえび。


見た ことも ない 魚たち。


見えない 糸で 引っぱられて いる。


ドロップみたいな 岩から 生えている、


こんぶや わかめの 林。


うなぎ。顔を 見る ころには、


しっぽを わすれているほど ながい。


そして、風に ゆれる


もも色の やしの木みたいな いそぎんちゃく。



その とき、岩かげに スイミーは 見つけた、


スイミーのと そっくりの、小さな 魚の きょうだいたちを。


スイミーは 言った。


「出て こいよ。みんなで あそぼう。


おもしろい ものが いっぱいだよ。」


小さな 赤い 魚たちは 答えた。


「だめだよ。大きな 魚に たべられてしまうよ。」


「だけど、いつまでも そこに


じっと している わけには いかないよ。


なんとか 考えなくちゃ。」


スイミーは 考えた。


いろいろ 考えた。うんと 考えた。


それから、とつぜん、スイミーは さけんだ。


「そうだ。みんな いっしょに およぐんだ。


海で いちばん 大きな 魚の ふりを して。」


スイミーは 教えた。


けっして、はなればなれに ならないこと。


みんな、もち場を まもること。



みんなが、一ぴきの 大きな 魚みたいに


およげるように なった とき、


スイミーは 言った。


「ぼくが、目に なろう。」


朝の つめたい 水の 中を、


ひるの かがやく 光の 中を、


みんなは およぎ、大きな 魚を おい出した。




光村図書:小学2年国語教科書:上巻には、レオ=レオニさんの、イメージ豊かな挿絵がありました。谷川俊太郎さんの訳も、リズム感があって、いい感じです。ただ、光村図書の国語教科書で学習している2年生の子どもたちには、学校での「スイミー」の学習が終わってから、読み聞かせをするという配慮だけは必要でしょう。その学校の1年生も同様です。

関連ページ

子どもは素話・読み聞かせが大好き「やぎさんふとってデンガラドンのドン」「あめだま」「あとかくしの雪」「白い足あと」「たべられたヤマンバ」「定ちゃんの手紙」「たぬきの糸車」「スイミー」「三年峠」

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898104/




by takaboo-54p125 | 2015-12-12 05:13 | お話・リズム遊び・室内ゲーム