子どもはお話が大好き 「たぬきの糸車」  岸なみ・作 【教科書のお話を味わおう】

 「たぬきの糸車」  岸なみ・作


 (光村図書:小学1年国語教科書:下巻より)


むかし、ある 山おくに、きこりの ふうふが すんで いました。山おくの 一けんやなので、まいばんのように たぬきが やってきて、いたずらを しました。そこで、きこりは わなを しかけました。


ある 月の きれいな ばんの こと、おかみさんは、糸車を まわして、糸を つむいで いました。
 キーカラカラ キーカラカラ
 キークルクル キークルクル
ふと 気が つくと、やぶれしょうじの あなから、二つの くりくりした 目だまが、こちらを のぞいて いました。
糸車が キークルクルと まわるに つれて、二つの 目だまも、くるりくるりと まわりました。そして、月の あかるい しょうじに、糸車を まわす まねを する たぬきの かげが うつりました。
おかみさんは、おもわず ふきだしそうに なりましたが、だまって 糸車を まわして いました。
それからと いうもの、たぬきは、まいばん まいばん やって きて、糸車を まわす まねを くりかえしました。
「いたずらもんだが、かわいいな。」


ある ばん、こやの うらで、キャーと いう さけびごえが しました。おかみさんが こわごわ いって みると、いつもの たぬきが、わなに かかって いました。
「かわいそうに。わなになんか かかるんじゃ ないよ。たぬきじるに されて しまうで。」
おかみさんは、そう いって、たぬきを にがして やりました。
やがて、山の 木の はが おちて ふゆが やって きました。ゆきが ふりはじめると、きこりの ふうふは、村へ おりて いきました。


はるに なって、また きこりの ふうふは、山おくの こやに もどって きました。
とを あけた とき、おかみさんは あっと おどろきました。
いたの間(ま)に、白い 糸の たばが、山のように つんで あったのです。その うえ、ほこりだらけの はずの 糸車には、まきかけた 糸まで かかって います。
「はあて、ふしぎな。どうした こっちゃ。」
おかみさんは、そう おもいながら、土間で ごはんを たきはじめました。すると、
 キーカラカラ キーカラカラ
 キークルクル キークルクル
と、糸車の まわる 音が、きこえて きました。びっくりして ふりむくと、いたどの かげから、ちゃいろの しっぽが ちらりと 見えました。
そっと のぞくと、いつかの たぬきが、じょうずな 手つきで、糸を つむいで いるのでした。たぬきは、つむぎおわると、こんどは、いつも おかみさんが して いた とおりに、たばねて わきに つみかさねました。
たぬきは、ふと、おかみさんが のぞいて いるのに 気が つきました。
たぬきは、ぴょこんと そとに とびおりました。そして、さも うれしくて たまらないと いうように、ぴょんぴょこ おどりながら かえって いきましたとさ。


光村図書:小学1年国語教科書:下巻には、むらかみ ゆたかさんの、ほのぼのとした挿絵がありました。ただ、光村図書の国語教科書で学習している1年生の子どもたちには、学校での「たぬきの糸車」の学習が終わってから、読み聞かせをするという配慮だけは必要です。興味深かったのは、歴史民俗(歴史文化)資料館で、本物の糸車が動くのを見たよという子どもが、


「キーカラカラー キーカラカラー」


「キークルクルー キークルクルー」


と、語尾を伸ばして、いかにも糸が回っているかのように音読していたことです。みんなも、それを真似して、とても楽しい音読になりました。

関連ページ

子どもは素話・読み聞かせが大好き「やぎさんふとってデンガラドンのドン」「あめだま」「あとかくしの雪」「白い足あと」「たべられたヤマンバ」「定ちゃんの手紙」「たぬきの糸車」「スイミー」「三年峠」

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898104/



by takaboo-54p125 | 2015-10-24 05:14 | お話・リズム遊び・室内ゲーム