【いじめが起こりにくい環境づくり】教室でできる未然防止:8作戦

クラスでできる「いじめが起こりにくい環境の整備」に【8つの作戦】が必要な理由


その子は、なぜ自分の気持ちばかりアピールするのでしょう?


子どもが教師に話を聞いてほしい時、テストの丸付けをしながら生返事(ながら聞き)をしている教師の姿を思い浮かべましょう。それは、子どもは今、聞いてほしいのに、教師は子どもの目を見ないで、適当に返事をしている姿です。本当は自分の気持ちを教師にじっくりと聞いてもらったあとに、教師から言葉を返してもらいたいのです。先生と会話がしたいのです。でも、教師がそうしてくれないので、子どもの心は全く満たされません。それが日々、積み重なってくると、子どもは仕方がないから、「先生、聞いて聞いて」の連発になります。周囲の友だち(クラスのみんな)のことなんか、お構いなしという状態です。授業中も自己チュー「ハイハイ発言」が途絶えません。


その子は、なぜ自分の気持ちをぜんぜん出せないのでしょう?


教師がが熱心に、指示や注意ばかりを、子どもに言い続けている姿を思い浮かべましょう。それは、教師から、常に評価(よい子・ダメな子)をされているというプレッシャーを感じている子どもが、「よい子ストレス」を受けまくっている姿です。そうなると、教師から「わかった人?」「できた人?」と聞かれるたびに、その子は心も体も固まって硬直し、がんじがらめになってしまいます。それが日々、積み重なってくると、子どもは「間違ってはいけない」という思いにしばられて、自由な自己表現ができなくなります。友だちに声をかけてもらっても、心の身動きがとれなくなっている状態です。指名なんかされたら、緊張でガチガチ頭の中も真っ白になります。


学校で自分を出したがる子と出せない子の、家庭における共通点


どちらの子どもにも共通する点があります。それは、「親子で、お互いの言葉に耳を傾け合うという本当の意味での会話・対話ができていない」ということです。その場合の親は、わざとではなく、無意識で、それぞれ両極端な子育てをしてしまっているケースがほとんどです。たいてい、親自身が子どもの頃、そういう子育てをされてきた可能性があります。むしろ、虐待や体罰だけでなく、子育てや指導法も、親や教師が意識的に学ばなければ、連鎖すると思ったほうがいいでしょう。


それでは、学校では、どうすればいいのでしょうか。


スモールステップを3つばかり☆☆☆


☆子どもにお手伝いを頼んで、「ありがとう」「助かったよ」と言うこと。子どもと、目と目を合わせて、笑顔で話を聞いてあげたり、話したりすること。お手伝いで、教師にほめられ、クラスの役に立ち、みんなに必要とされる体験をしてほしいから。いかがでしょうか。どうか、その子を、今まで以上に、頼りにしてやってください。


☆また、子どもと、何か(給食・掃除・遊びなど)をいっしょにしながら、世間話もしつつ、さり気なく「あなたが、うちのクラスの子どもであることがうれしいよ」というメッセージを伝えること。この先生は、相談しやすいなと、どの子にも(特に、気になる子が)感じてほしいからです。


☆「あれっ?いつもと違う」と気づいたら、「どうしたの?」と声をかけます。泣かされたり、意地悪されてきた時は、「あなたはね、友だちからバカにされるような子どもじゃないよ。あなたはね、決してダメな子じゃないからね。先生の自慢の子だよ」と、抱きしめてやること(女の先生だけ)(男の先生は、男の子を抱きしめてあげるのはOKですが、誤解を招くので女の子にはしないでください)。その子の目を見て「先生が絶対に守ってあげるから」という宣言をして、その子の気持ちが落ち着いてきたら、その子のペースに合わせて事情を聞いてあげます。


そして、最後は問いかけます「どうしたいの?」


「大丈夫?」と、子どもの思いに寄り添い、事情や気持ちをあれこれ聞いてあげて、子どもが「ぼく・私の思いを先生はわかってくれた」と感じた(心が落ち着いた)ところで、問いかける言葉はひとつです。


「どうしたいの?」(自己決定を促す言葉)


このひと言があることで、子ども自身が考え、気づき、次のスモールステップ(自立への第1歩)へ踏み出せるのではないでしょうか。どうするのかを、教師が決めてあげるのは、お節介になってしまうかも知れません。子どもが、どうしたいのかを決めて、行動に移す子どもの不安を支えてあげるのが親切な支援です。


いじめ防止対策推進法:未然防止


「いじめが起こりにくい環境の整備」8つの作戦


☆スモールステップをあたえて、ほめること(できて当然のことでも)


私たち教師は、よく「しっかりしなさい」「ちゃんとしなさい」と言いますが、子どもには、イメージしにくい、どうしていいかわからない、あいまいな言葉だと言えます。ですから、大声で


「しっかりして」「ちゃんとして」「うるさい」「まだか」と、どなるより、


「みんな、すわろうね・・おっ、早くすわれたね。すごいなぁ」(笑顔で)


「A君、先生の方を向いて」→「うれしいな。向いててね」(ほめながら)


「Bさん、本とノート出して」→「すばやいな。えら~い」(ほめながら)


「C君、感想を書くんやで」→「できてるやん。さすがは△年やね」(ほめながら)


「シーッ!お話するのをやめようね・・だんだん静かになったね。うれしいな」(笑顔で)


「先生のお話を聞いてね・・聞いてくれてありがとうね」(笑顔で)


と、場面に応じた、子どもがイメージしやすい具体的な言い方をしてあげるほうが、子どもの心に届きやすいでしょうね。


☆『失敗は成功のもと』体験の共有


立ち直りへの支援が、子どもの自立を促すことになります。挙手した意欲を「えらいね」と認め、言えなかったことは「緊張するもんなぁ」と支え、「なあ、みんな」と周囲のみんなにも共有させ、気を取り直して、挙手したA君を再度指名し、自立を促してあげましょう。そんな教師の姿(どの子に対しても)を、周囲の子どもたちもしっかりと見ているので、教室全体に安心感が広がります。


☆トラブルはその子とつながるチャンス


「つらかったんやね」「そら、ムカつくわなぁ」「くやしかったんやもんなぁ」と代弁してあげましょう。その子なりの理由を、その子にも、周囲の子らにも気づかせます(自分らの言動がどうだったか、見て見ぬふりをしていなかったか)。それは、教室に悪者(レッテル貼り)を1人もつくらないためなのです。


「△△君、あなたが大切だから、ていねいに言うし、最後まで聞いててね」


「△△君1人に言ってるのとちがう。クラスのみんなに言っているんだよ」


と見回して、他人事という雰囲気(1人だけしかられているという空気)を絶対につくりません。


☆「今するべきこと」をわかりやすく、そして時には強い意志で


・指示することばは短めに。(だらだら長い話は、お説教になります)


・その子の拒否の叫びや行動に、教師が動じない。(売り言葉に買い言葉は×)


・断固たる決意で、その子と真正面から向き合う感覚で、決してゆずらない。


・そして、少しでも、しようとしたら、ほめる。教師自身も心から喜ぶ。


・その子が本当にしたら、おもいっきりほめて、共に喜びを分かち合う。


子どもが受けとめてくれたら、必ず具体的にほめることも忘れないことです。


この5つをねばり強くくり返しておいると、じょじょにではありますが、しかる(注意する)回数が減ってきます(不思議なくらい)。


☆教師集団が組織的に連動して動くこと


例えば、子どもたちに対して、例えば、学校に持って来てはいけない物など、特に生徒指導面では、


「どの先生も、同じ思いで、同じこと、言わはる」


と思わせるように、毎日のミーティングを短時間でも必ずとりましょう。また、


「どの先生も、チャイムが鳴った時には、教室に来てやはる」


と思わせるように、授業始まりのチャイムを教室で聞く教師集団になりましょう。


そして毎日、「キラッと見つけ」作戦を、全職員で展開することを続けることでしょうか。昼休みや掃除の時間など、担任以外の職員が見つけた子どものステキな姿をメモした紙を、職員室の担任の机上にセロテープで留めます。担任は、それを帰りの会などで紹介してほめます。例えば、トイレ掃除で、校長先生からほめられ、それを帰りの会で担任からもほめられるという、ダブル効果をねらうわけです。


☆空気を伝えること、雰囲気をつくること


先生が笑顔でいると『楽しい空気』が伝わり、子どもの心にも響きます。また、


「ダメ!」「やめい!」「こらっ!」「何してんの!」「さっき言ったやろ」などと言う否定的な指示語も、緊急時(イジメ・ケガ・危険)以外は、やさしく、ゆったり、


「どうしたの?」→会話(事情を聞く)→「どうしたい?」→支援


「こういう時は、△△すると、うまくいくよ」「今度は、先に△△してみようね」


というふうに、言いぶんも聞いてあげて、ダメの中身を、具体的に伝えることで、子どもも、気持ちをわかってくれた教師の言葉は素直に受け入れられます。


☆できたら減らしたい言葉、増やしたい言葉


△できるだけ減らしたい先生の言葉(大声、どなり声、早口で命令する声)


「こらっ!」「静かに!」「わかった人?」「できた人?」「他にない?」


◎できるだけ増やしたい先生の言葉(柔らかく、大きくないゆっくりした声)


「絵本が見えてない子はいないかな?」(読み聞かせを始める時は必ず)


「困っていることはないか?」(こう言われると、子どもはうれしいのです)


「先生にも聴かせてほしいな」(子どもが発言しやすい聞き方です)


「みんなに聴いてほしいこと、ないか?」(子どもも言いたくなる聞き方です)


「隣の人としゃべってみて、気づいたこと、聴かせて」(つぶやきも聞く)


「わからない所があったら、言ってね」(「教えて」と言える子に育てたい)


「わかりにくかったら、隣の人に聞いてみて」(親切に教えてあげる空気も)


「○○さんの言いたいのは、こうかなと言える人?」(モゴモゴ発言に)


「○○君の言いたいことの続きがうかんだ人、いるかな?」(ボソボソ発言に)


子どものどんな発言も切り捨てず、子どもと子どもの発言をつなげていくことを大事にしていると、自己チューの「ハイハイ発言」や、「ちぇっ、先に言われた」「言おうと思ってたのに」と言う「しらけた発言」が減っていきます。


☆子どもの声を聴く教師の元でしか、聴く子どもは育たない


子どもの目を見て聴くこと、目を見て話すこと(必ず最後まで)を心がけましょう。


板書しながら、丸付けをしながらの「ながら聞き」ではなく、子どもと同じ目線の高さで、子どもの目から視線をはずさず、子どもの話を聴き、子どもに語る、そんな教師の姿勢が、子どもの満足感・安心感・信頼感、そして意欲につながります。


次の発問・板書などのプランを考えながら、子どもの発言を聞くのではなく、


自分の意図する(言ってほしい)子どもの発言にすぐに飛びつくのではなく、


「ここ、何と読むの」「ここ、どうするの?」「ここ、わからないから教えて」


と遠慮なく言える雰囲気の教師とクラスの仲間、そして、安心して「わからへん」と言える自分を温かく受け入れてくれる空気の教室にすることが、結果として、「イジメが起こりにくい環境の整備」になるのではないでしょうか。


子どもは自分を信じて(待って)くれる教師を信じます(話も聴きます)。教師が自分を好きでいてくれる(目を見て語りかけてくれる)から、子どもは教師も自分自身も好きになれます。そして、教師が自分を大切に思ってくれている(顔を見て聴いてくれる)と実感した子どもは、自分を大切にできるようになり、他人(クラスのみんな、弱い立場の子)も大切にできるようになっていきます。


おわりに(始めの1歩)


「いじめ防止対策推進法:未然防止」における、クラスで「いじめが起こりにくい環境の整備」とは、これらのような具体的実践(8ステップ)を、こつこつ根気強く毎日毎日積み重ねていくことしかありません。言わば、子どもたちとの根比べになります。全部でなくても、職場の同僚とも相談しながら、自分(全校教職員で一致できればベストですが、せめて学年教師集団で)できそうなことから「始めの1歩」を踏み出してみましょう。アプローチの仕方を意図的に180°チェンジできるのは、教室の中ではただ1人、教師しかいないのですから!子どもたちが常に「ガラスの人間関係」を抱える今の時代ですから、明日からの学級担任が放つあったかい空気(笑顔・聴く耳・待つ姿勢・受けとめる心・やわらかな語りかけ)は、きっと子どもたちの心にしみわたり、必ずや教室の空気をあったかくしていきます。私は、そう信じます。


(この記事は、EDUPEDIAへ2013年7月20日に投稿した内容を元にしています)


なお、いじめ対策の記事をまとめたのが、このブログ内の2つの記事(ページ)です。よかったらご覧ください。


関連ページ
イジメが起きないクラスの空気をつくる[担任のしなやかな役割4月~3月]

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898387/


イジメをなくす教室の雰囲気づくり【安心感あふれる教室に変える手立て①②③④】

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898386/




by takaboo-54p125 | 2015-10-03 05:15 | 保育・教育