授業が成立するためのベース=学級担任にイメージしてほしい「目には見えない【心のよせ方】」

「教室がざわざわした時の、魔法の言葉は?」


「授業でワアワアなった時、静かにさせる手段は?」


「授業が脱線した時、立て直す方法は?」


「授業中、板書や学習内容に注目させる手法は?」


これらの質問に対して、私(タカブー)は明快に答えてあげることができませんでした。そういうマニュアルとか、ノウハウは、存在しないことを伝えたかったのですが・・。現場の若い教師たちの間でも、そういうスキルを求める傾向が、近年増えてきました。


それらを、ありきたりですが「指導力」と言うならば、教師の指導力(授業の指導力)とは、決してカリスマ的なものでもないし、特別なオーラを放つというものでもないし、ましてや、力技と大声(怒鳴り声)で静かにさせ、強引に話を聞かせることでもありません。


むしろ、穏やかな表情と、ゆったりとした口調で、子どもの目を見て受け答えをする・・・そんな担任の先生の、しなやかな姿勢が、柔らかな教室(授業)の空気を醸し出していると言ったほうがいいでしょう。ここ数年で、注目していた6校(小中高2校ずつ)の全クラス公開授業を、愛知県・三重県・滋賀県で参観する中で、そういう教室(教師と子どもたち)を、たくさん観ることができました。


その6校の教師たちに共通していた「形として見えない働き」を、私自身が再度、具体的にイメージしてみましょう。これが返答になるのかなと思ったりしています。


まず、子どもの顔を見ながら発言を聴く、子どものつぶやきや表情の変化を見逃さない、子どもの発言をコーディネイト(子どもと子どもをつなぐ役割を)する、といった教師自身の「聴き方」そのものの包容力・集中力(耳をすまし、耳を傾けて、キャッチすること、そして、発言する子どもの顔から視線をはずさないことでした。


さらに、その子の気持ちに心から共感して受けとめる(うなずく)、スモールステップを与えて子どもの変容をほめることをいとわない、子どもの気づきを待とうとする、子どもたち以上にその学習内容を楽しんでいる、先にも述べた、子どもの顔(目)を見てゆったりと穏やかに語りかける、指導案どおりにいかなくても笑顔でどっしりとかまえている、といった「ふところ」の深さ(獲得した技術でも、天性のものでもない、毎日、同僚と切磋琢磨して磨かれた謙虚な人柄)だと言えます。


先生方の年令・性別もさまざまでしたが、子どもたちとの向き合い方には、どの先生も豊かな人間性(それまでの生き方で培われる)と、それぞれ魅力的な人柄(個性)がにじみ出ていました。先生方に共通していたのは、担任としての「存在感」(ボクの話を聴いてくれる先生、私の気持ちをわかってくれる先生、と子どもたち1人ひとりがズシンと感じる存在になっておられることでありました。


ですから、子どもたちも、そういう姿勢の先生の話だから聴きたい、クラスの仲間の意見も聴きたい、先生やクラスの仲間にも意見を聴いてほしい、お互いの違いも認め合える、といった学び合うことに対する意欲に満ちあふれている教室の雰囲気(クラスの空気)でした。


こういった、参観者である私の目に「形として見える」クラスの姿(ペア学習、グループ学習、机のコの字型などなど)の「裏側」では、教師は子ども1人ひとりとの信頼関係を太くする努力を絶えずしておられ、常に子ども同士が尊重し合えるように心を配っておられるのでしょう。


具体的には、共に遊び、共に掃除をし、共に給食を食べ、どの子にも声をかけ、日記の返事を書き、子どもが「ボク・私の思いは受けとめてくれる先生」だと実感すること=教師に心を開いてくれるためにできる、あらゆることを地道に、こつこつと、あきらめず、根気づよく実践されている姿が浮かびます。そのたゆまぬご努力には、頭の下がる思いであります。


しかも、あわてず、さわがず、度量のある態度は一貫して、ぶれないので、子どもたちにも安心感を与えるのでしょうね。例えるなら、ステキな花を育てるために、土を耕し、肥料をやり、水やりも日光にあててやることも毎日けっして欠かさない・・・こんな働きに似ています。


日々、メッチャ地味ですけど、これら「形として見えない働き」の積み重ねがあって、初めて、授業(聴き合う学び)が成り立つのでしょう。それを、あえて「ひと言」で表すなら、「信頼関係の構築で生まれる『相互作用」ということになるのでしょうか。子どもとの間に『相互作用』が生まれてきたら授業が成り立つようになります。それでも、子どもが本題から離れそうになったら、教科書を音読することを何度も入れたりして、教材に戻ることを大事にしておられる先生方でした。



以上、マニュアル・ノウハウ・スキルなんかじゃないし、手法・手立てでもない、子ども1人ひとりへの、お世話じゃない「ケアの心」(個々に応じた支援、温かさが伝わる支援、安心と自信をはぐくむ支援)を、片時も忘れないであろう先生方(6校30クラス)から、ひしひしと感じた、形としては見えない教師の「心の寄せ方」「ありよう」「居方」など、イメージできたことを列挙してみました。なんだか、「花咲かじいさん」が、花を咲かせるまでの、幾多の困難な過程においても、めげないで「心と心のやりとりがある対話」を大切にしていた姿とも重なります。

関連ページ

子どもと信頼関係をつくる、子どもとの「信頼関係」を取り戻す

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898595/



by takaboo-54p125 | 2015-03-14 05:14 | 保育・教育