「いのちをいただく」当たり前なのに忘れがちなことを、感謝とともに思い出させてくれる作品

2014年9月5日(金)朝刊1面の「天声人語」前半は絵本の紹介でした。( )は私の補足です。


『しのぶ君はお父さんの仕事をかっこ悪いと思っていた。食肉センターで牛を「解き」、肉にする仕事だ。解くとは、殺すこと。小学校の社会科の授業で家の仕事を聞かれ(今は、親の仕事を授業で子どもに聞く学校はないはず)「普通の肉屋です」と答えた。


帰り際、しのぶ君を呼び止めて担任の先生は諭した。おまえ(しのぶ君)のお父さんが仕事をしないと、先生もおまえ(しのぶ君)も校長先生も会社の社長さんも、みんな肉を食べられないんだ。「すごか仕事ぞ」


食肉解体作業員だった熊本県の坂本義喜さんは、牛と目が合うのがつらくて、いつかやめようと思っていた(坂本さんはずっと葛藤し続けてこられたことが伝わってきます)。しかし、しのぶ君が「お父さんの仕事はすごかとやね」と報告するのを聞いて、やはり続けようと思った。


坂本さんのこうした話(牛を思う坂本さんの優しさと、牛のいのちをいただく有り難さ)に心動かされた福岡県の助産師、内田美智子さんが文章にし、5年前に「いのちをいただく」という絵本になった。私たちの命は肉や魚や野菜の命によって生かされている。当たり前なのに忘れがちなことを、感謝とともに思い出させてくれる作品だ。・・後略』


記事前半の紹介は、以上です。実は、私も、この「いのちをいただく」の紙芝居を2年ほど前に購入して持っています。「弁当の日」の小中学校の実践をあれこれ聞く中で知ったからです。絵本も売っていましたが、私は紙芝居を買いました。しかし、講義や子育て講演などで、他の絵本は読んだことはあるものの、紙芝居「いのちをいただく」は読んだことがありませんでした。しかし、チャンスがあれば私も読み聞かせをしたいという気持ちが、今、人権週間を前にして沸々と湧いてきました。


紙芝居「いのちをいただく」内田美智子:文、魚戸おさむ:絵、坂本義喜:原作(西日本新聞社)は、29枚の紙芝居です。みなさんも、機会があれば、絵本でも紙芝居でも、一度読んでみてください。坂本さんの体験・・葛藤・・決意に助産師さんが心をズシンと動かされ、そして、生まれた絵本と紙芝居・・なんともかとも、ええお話です。


このブログ記事は、以下のページにも載せました。


関連ページ
教材【弁当の日】【雪とパイナップル】【アハメドくんのいのちのリレー】「人のあったかさの連鎖」「~にもかかわらず」【いのちをいただく】【おばあさんの手紙】
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898442/



by takaboo-54p125 | 2014-11-29 05:00 | 教材