必ず跳べる跳び箱「開脚跳び」の指導(U先生の教育実践サイトより)


U先生が教育実践サイト:退職教師の隠居部屋「根田庵(こんでんあん)」で書いておられる幾多の実践の中から、1つだけですが紹介させてください。下記文中の「私」はU先生です。


跳び箱の基本的なとびこし方としての「開脚とび」


>ふつうに練習すればたいていの子は跳べるようになります。


>でも、必ずクラスに数人は最後まで跳べない子が残ってしまいます。


>そして、「あの子は太っているから……」「運動神経が悪い子だから」と、そのままにさせてしまっていませんか。


>でも、高度な技はともかく、「開脚跳び」ぐらいはどんな子だって簡単に跳べる技です。


>私の学年の子は次の指導で1~2時間のうち全員跳べるようになりました。


①まず「跳びおりる」練習から


>跳べない子の原因は「跳びこした後への不安」がほとんどです。


>「身体が浮き上がって、その後ひっくり返るんじゃないか、身体を打つんじゃないか。」という恐怖心から手をつっぱってブレーキをかけてしまうのです。


>したがって、その恐怖心を取り除く練習から始めます。


>跳び箱に馬乗りになります。両手を高くあげ、跳び箱に着手し、手を突き放して降ります。


>この時大切なことは、肩をうんと前に出し、目は着地点あたりを見つめて降りるようにすること。


②跳び箱の上から跳びおりる練習


>こんどは、跳び箱の上に乗ってしまい、そこから手をついて、とびおりる練習です。


>この練習が跳べるようになるためのキーポイントです。


>怖がる子は、手を浮かせたまま跳んでしまいます。


>「手をまたの間につっこんで。」「頭、上げないで。」


>などの指示や、着地点に目印の帽子などを置いて「あの帽子を最後まで見ているんだよ。」と助言してやります。


>それでも怖い子の場合は、マットをソフトマットにして、転んでも痛くないよ、と安心感を持たせてやります。


③後ろの跳び箱から跳びこす練習


>つぎは、跳び箱を二つ連結して、後ろの跳び箱から手を伸ばして、着手、跳び越す練習です。


>②ができた子は簡単にこれもできるはずです。


>楽々跳べるようになった子にこう言ってやります。


>「もう開脚跳びの後半分は完成したね。


>後は、踏切で身体をとびばこの高さまで跳び上がればいいだけなんだよ。」


>子どもたちは、なるほどと思い、「ぼくも、跳べるかもしれない」という期待で一層練習に意欲を出してきます。


④後ろの跳び箱を一段下げて跳びこす練習


>こんどは、後ろの跳び箱を一段下げて跳び越させます。


>「さっきより、一段分だけ高く跳び上がれば、後は一緒だよ。」


>と助言してやればこれもすぐ跳べるようになります。


>この練習で大事なことは、踏切を入れることです。


>後ろの跳び箱のはしに立ち、ポンと両足踏切の動作を入れてとびこさせます。


>「つま先で軽くポン、だよ。」


>と意識させます。かかとまでべったりついた踏切では跳躍のバネになりませんから。


>慣れてきたら、もう一段抜いて、「さっきより、もうちょっと踏切を強くしたらあとは同じだよ。」


>と言ってやります。このころには、もう子どもたちは夢中になってやっています。


⑤後ろの跳び箱を一段だけにし、助走を入れて跳びこす練習


>後ろの跳び箱は、頭だけの一段にし、踏切板も入れます。


>そして2~3歩助走を入れて跳び越させます。


>このときは、


>踏切板を「片足の第1踏切」


>後ろの跳び箱を「両足の第2踏切」


⑥開脚跳びの完成


>最後は本来の踏切板と跳び箱の形にして挑戦させます。


>「見てごらん。踏切板と跳び箱一段の高さの違いはほんの10㎝ぐらい。今までと同じようにやればきっと跳べるはずだよ。」


>と言ってやります。


>でも、中には、踏切板だけになったとたん不安になってブレーキをかけてしまう子が出てきます。


>そういうときは必要に応じて③~⑤にフィードバックしてやりましょう。


以上、U先生の書いておられる指導を、そのまま引用させてもらいました。
U先生の教育実践サイト:退職教師の隠居部屋「根田庵(こんでんあん)」には、上記の指導①~⑥が、わかりやすいイラスト入りで説明してあるので、下記のアドレスのHPを直接ご覧になられることをオススメします。 

http://konden.upper.jp/




by takaboo-54p125 | 2014-05-03 05:14 | 保育・教育