童謡「やぎさん ゆうびん」まど・みちお作の英訳詩「Goat Mail」アーサー・ビナード訳などなど

2012年8月25日(土)朝日新聞「天声人語」に、まど・みちおさん作詞の童謡が紹介されていました。この詩を2007年に英訳されたアーサー・ビナードさんというアメリカ人の詩人がおられます。どちらが白か黒かじゃなくて、やぎさんたちが、自己主張だけでなく、傾聴できるようになり、お互いに尊重し合える間柄になってほしいと、心から願いつつ、日本語・英語の両方を紹介させてください。草の根では長年、相互が心温まる交流を地道に積み重ねてこられたのですから・・。


やぎさん ゆうびん    まど みちお


しろやぎさんから おてがみ ついた
くろやぎさんたら よまずに たべた
しかたがないので おてがみ かいた
さっきの おてがみ
ごようじ なあに


くろやぎさんから おてがみ ついた
しろやぎさんたら よまずに たべた
しかたがないので おてがみ かいた
さっきの おてがみ
ごようじ なあに


この詩「やぎさん ゆうびん」は英訳されていました。


Goat Mail      Mado Michio


The White Goat sent a letter to the Black Goat.
The Black Goat ate it up before he’d read it.
Then, `Hmmm,` he thought, `Better write a letter`
Dear White Goat,
What was in that
Letter you wrote?


The Black Goat sent a letter to the White Goat.
The White Goat ate it up before he’d read it.
Then, `Hmmm,` he thought, `Better write a letter`
Dear Black Goat,
What was in that
Letter you wrote?


「日本の名詩、英語でおどる」アーサー・ビナード編(みすず書房)より
他にも、山村暮鳥の「雲」、高村光太郎の「道程」など、40編の詩が英訳されていましたので、本書を直接読まれることをオススメします。


まど・みちおさんの詩は、童謡になっている詩が多いですね。「いのちのうた まど・みちお詩集」ハルキ文庫には、「やぎさん ゆうびん」を含めて、童謡が5つも載っていました。とてもよい詩集です。直接読まれることをオススメします。


ぞうさん        まど・みちお


ぞうさん
ぞうさん
おはなが ながいのね
 そうよ
 かあさんも ながいのよ


ぞうさん
ぞうさん
だあれが すきなの
 あのね
 かあさんが しきなのよ


 ふしぎなポケット    まど・みちお


ポケットの なかには
ビスケットが ひとつ
ポケットを たたくと
ビスケットは ふたつ


もひとつ たたくと
ビスケットは みっつ
たたいて みるたび
ビスケットは ふえる


そんな ふしぎな
ポケットが ほしい
そんな ふしぎな
ポケットが ほしい


 一ねんせいになったら  まど・みちお


一ねんせいに なったら
一ねんせいに なったら
ともだち ひゃくにん できるかな
ひゃくにんで たべたいな
ふじさんの うえで おにぎりを
ぱっくん ぱっくん ぱっくんと


一ねんせいに なったら
一ねんせいに なったら
ともだち ひゃくにん できるかな
ひゃくにんで たべたいな
にっぽんじゅうを ひとまわり
どっしん どっしん どっしんと


一ねんせいに なったら
一ねんせいに なったら
ともだち ひゃくにん できるかな
ひゃくにんで わらいたい
せかいじゅうを ふるわせて
わっはは わっはは わっはっは


 ドロップスのうた   まど・みちお


むかし なきむしかみさまが
あさやけ みて ないて
ゆうやけ みて ないて
まっかな なみだが ぽろん ぽろん
きいろい なみだが ぽろん ぽろん
それが せかいじゅうに ちらばって
いまでは ドロップス
 こどもが なめます ぺろん ぺろん
 おとなが なめます ぺろん ぺろん


むかし なきむしかみさまが
かなしくても ないて
うれしくても ないて
すっぱい なみだが ぽろん ぽろん
あまい なみだが ぽろん ぽろん
それが せかいじゅうに ちらばって
いまでは ドロップス
 こどもが たべます ちゅるん ちゅるん
 おとなが たべます ちゅるん ちゅるん 


この「いのちのうた まど・みちお詩集」の最後に、「私のまどさんファイル」という谷川俊太郎さんのエッセイが載っていました。その中で、谷川さんがまどさんへ贈る詩を書いておられました。ぜひとも本書を直接読まれることをオススメします。


百歳のお祝いに書いた詩
 まどさんね・・・・・・     谷川俊太郎


「いのちのうた まど・みちお詩集」(ハルキ文庫)には、まど・みちおさんの詩が135編も収録されているので、ぜひぜひ直接読まれることをオススメします。

関連ページ
詩「教室で子どもたちと音読したい詩」小学生と読みたい109編&中学生と読みたい19編
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898593/


by takaboo-54p125 | 2012-09-01 05:10 | 子どもと詩