子どもと向き合う6月の教室「徒党を組んで、のし歩くグループができたら」

徒党を組んで、のし歩くグループができた時は


6年生男子の中に、学級を超えて(4学級)徒党を組んで、のし歩くグループができてしまいました。約10名で、なかなか手強いメンバーがそろっていました。全校の子どもたちもびびっていました。徒党を組む時の目つきも、日に日に険しくなっていきました。


「これは、なんとかしなければ」と、学年部の教師集団で話し合い、職員会議でもOKをもらって、『8513プロジェクト』というものを発足させたのです。つまり語呂合わせで、「はんごうすいさん」→「8513」という暗号です。グループのメンバーと学年の教師だけの秘密で、そのプロジェクトは進んでいったのです。6月のことでした。
  
このグループを飯ごう炊さんのリーダーに育てるぞ


まず、6年生全体160名で飯ごう炊さんをしたいが、どう思うか、メンバーの子らに昼休みに聞きました。中心メンバーの子らが
「暇やし、おもしろそうやで、やってもいいで」と乗ってくれました。さらに、
「きみたちに各クラスのリーダーになってほしいんや」と頼みました。すると、
「俺らでええのなら、やったるで。でも、やり方、知らんし・・・」と答えてくれました。


そこで、昼休みを使って、3週間ほどの取り組みを『8513プロジェクト』メンバーで準備することにしました。しばらくの間は秘密作戦ということで合意しました。
作戦会議をして、火起こし等飯ごう炊さんのノウハウを、教師がメンバーに伝授する。
→飯ごう炊さんの練習(2回おにぎり)で、メンバーはほぼマスターして自信をつける。
→学年集会で『8513プロジェクト』の提案をメンバーがする(学年のみんなも賛成)。
→メンバーが各学級で6年生全員に「プロジェクトだより」を配布しながら説明(6回)。


1学期最大の学年の取り組みとして、市内の近場のキャンプ場まで6年生160名が自転車で移動し、保護者の有志の皆さんや、教務部の先生方の協力も得て、なんとか無事に「飯ごう炊さんカレーライスづくり」は成功しました。(ホッ)
取り組みが進むのと比例して、『8513プロジェクト』メンバーの表情が和らいでいきました。この子たちはエネルギーを持て余していたのかも知れません。飯ごう炊さんのコツを各クラスの各班で説明する時の、彼らの顔は自信に満ちあふれ誇らしそうでした。
おまけは、メンバーの1人が「松ぼっくり」を拾ってきて釜戸に放り込んだことです。松ヤニの油で火起こしがスムーズにいきました。即メンバーに伝達、バッチリでした。その後、あのグループ化は、何だったんだろうというぐらい、落ち着いていきました。


その数年後、6年生4学級のうち、1学級しんどい状況になった時は、この作戦を今度は1学級でチャレンジしてもらいました。気にしていた子らが輝く時間はつくれました。

関連記事
子どもと向き合う6月の教室「子どもたちが学校・園のトイレでウンチをできるために」
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898374/


by takaboo-54p125 | 2012-05-26 05:02 | 保育・教育