子どもと向き合う6月の教室「はみ出しそうな子を授業に巻き込むには」

はみ出しそうな子を保育・授業の中に巻き込みましょう


はみ出しそうな子も、いろんなタイプがいます。立ち歩く子、じっとしていられない子、文句の多い子、学習が苦手な子など、どのクラスでも少なくありません。変に目立つことでアピールする子もいます。どの子も自分を一番かまってほしいのでしょうね。


例えば、小学校高学年の算数の時間、教科書の文章問題は内容が味気なくて、はみ出しそうな子には魅力的な文章が少ないようです。ですから、その子らは全く集中してくれません。 そんな時は、その場で文章問題を即興で創作してみます。ようするに、ラーメン屋さんに行って・・とか、マクドに行って・・とか、トイザらスに行って・・とか、誕生パーティーをして・・とか、ディズニーランドに行って・・とか、ニューヨークに行って・・とか、その子らもイメージしやすい、イメージしたくなるような、さまざまな文章問題です。
そこに、いろんな食べ物・乗り物など、はみ出しそうな子も含めて、子どもたちが瞳を輝かせそうなものをからませた内容の文章問題を、即興で創作して板書するのです。
そして、文章問題の登場人物が5人必要なら、クラス中から希望を募って黒板に書き込みます。はみ出しそうな子らは、ほぼ全員乗ってきます。本人たちもけっこう楽しそうで、
「次の問題〔誕生パーティーで・・〕の登場人物になりたい人、6人」 
と担任が言うと、はみ出しそうな子も挙手をしてくれて、バンバン指名して、黒板に名前を書いてあげると、大喜びして、算数に食いついてきてくれます。邪道としかられるかも知れませんが、背に腹は替えられないクラスの状況もあるわけですから、大目に見てください。もちろん、いつもって言うわけにはいきませんが・・・。


カリカリしている子は自分が責められてると感じやすい


トラブル発生、先生の第一声のトーンは高くなります。その声に、関係ない子も、びびります。教室内に緊張感が走ります。
「こら、どうしたんや」「何やってんのや」「なんでやったんや」
いきなり高飛車・高圧的に言われたら、私なら素直になれません。大きなトラブルを起こした当事者の子は、まだカリカリ・プンプンしている状態ですから、なおさらです。よけいに火に油となり、プチッと切れてしまいます。                                           
「また、ぼく(わたし)だけが責められている」「どうせ・・・」
と思い込んで、先生にも心を閉ざして、ふてくされてしまうでしょう。だから、メッセージは短く伝えます。
どうしたん?」「何かイヤなことがあったんか?」「誰にイヤなこと言われたの?」
その子なりの言いぶんを言葉で語ってくれ始めたら、興奮の沸騰状態は、とりあえずストップできるといったところでしょうか。あとは、個別にじっくりと聞いてあげてください。まだ周囲に子どもたちが集まっている段階では、その子の言いぶんがわかれば代弁して、周りで、はやしたてた子らに聞かせることも、先生の役割です。「そら、そんなこと言われたら、くやしいわなあ」と。

関連記事
子どもと向き合う6月の教室「徒党を組んで、のし歩くグループができたら」
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898373/


by takaboo-54p125 | 2012-05-20 05:06 | 保育・教育