浜松市「あすなろ幼稚園」の【地震・津波対策】は学校も見習いたいものです

静岡県浜松市にある学校法人「あすなろ幼稚園」のホームページを見ると、なるほど!と思える地震・津波対策がのっています。


あすなろ幼稚園では、「地震直後、5分を目安に5階以上にのぼる」という避難訓練を、近隣の11階建て市営住宅自治会の承諾を得て、しておられます。


また、「地震の揺れによる園舎内でのケガ0人」を目標にして、園舎の耐震強化策も、なさっています。


◎窓ガラス等はすべて、飛散防止のためのフィルムを貼ってあります。


◎戸棚やロッカーを壁と一体化させて造り付けにしてあります。


◎地面の液状化に対して園舎の土台作りをしっかり行ってあります。


さらに、園児の安全確保のため、揺れに強い構造である園舎にしてあることの利点として、大きな揺れの軽減と、どの部屋からも外にすぐ避難しやすい点があげられます。


そして、地震の揺れがおさまった直後に、11階建て市営住宅に100m移動する園児の避難訓練を、年3回も実施されています。(私の知る範囲内では、地震を想定して運動場への避難訓練を、年1回する学校が大半です)


こうして、幼稚園の建物内外というハード面においても、子どもたちの避難訓練というソフト面においても、現在考えうる対策・できうる対策を網羅して、既に実施されている「あすなろ幼稚園」には、海沿いの学校・園も見習うべきところが多いと感じました。


同時に、ここまで危機管理意識を高く持ち、ハード・ソフト両面で、現在実現可能な対策を、すべて実行している幼稚園もあるのだ、ということに、とても心強く思いました。

関連ページ
幼小連携①保育園・幼稚園がめざす「理念」を、保護者も納得してから入園してもらうことの意味【園と家庭が手を結べるため】
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898389/


by takaboo-54p125 | 2012-03-11 05:22 | 保育・教育