結婚披露宴:余興【タネうつしの儀式】台本+模擬店【呼び込み】のコツ+滋賀の方言の柔らかさ+中学校同窓会【段取りの流れ】

結婚式披露宴:余興・パフォーマンス(おすすめ)


タネうつしの儀式


「ぜ・っ・た・い、受・け・ま・す」(イチ押しです)


事前に新郎新婦のお2人とも、ウメボシが苦手でないかという事前確認(打合せ=お2人の心の準備)が必要です。(重要!)


タネうつしの儀式・台本(シナリオ)


じゅんびしておくもの・・・ウメボシ1個(あまずっぱくて おいしそうなウメボシを、コンビニで買って行く)


小皿(パーティー会場接客スタッフの人にたのむ)


(ウメボシを乗せた小皿を、両手でありがたそうに持ちながら、しずしずと歩き、マイクの前へ立ちます)


◎◎くん、◎◎さん、ご結婚、おめでとうございます。


みなさん、このウメボシは、「なくよ うぐいす 平安京」の


1200年(2016−794=1222)の昔から、滋賀県(自分の都道府県名)に伝わる「子宝にめぐまれる」と言われております、子宝「タネうつしのウメボシ」であります。


この儀式は たくさんの人(会場にいる出席者の人数でもよい)に見てもらわないと 御利益(ごりやく)がありません。


なお、記念写真をとりたい お客様は、前の方に おいでください。それでは、新郎新婦のおふたりは ご起立ください。


新郎◎◎くん、このウメボシを 手・はし・スプーンなどは使わないで 食べてください。


手などを使うと、御利益(ごりやく)が ありません。


タネまで 飲みこんだら いけませんよ。おちついて。


(と言って、新郎に ウメボシを食べさせながら)


人生、すっぱいこともあります。人生に 台本はありません。


新郎◎◎くん、ウメボシのタネを、手などはいっさい使わず 新婦◎◎さんの口に 入れてあげてください。


口から 口へ 直接 タネをうつさないと 御利益(ごりやく)が ありません。


2人だけ後ろを向いたら 御利益(ごりやく)が ありません。


たくさんの人(会場にいる出席者の人数でもよい)に 見てもらわないと 御利益(ごりやく)が ありません。


私が 10 数える間 口と口がはなれたら 御利益(ごりやく)がありません。


さあ、私と御利益(ごりやく)を信じて始めましょう。どうぞ!


(新郎が 新婦にキスをして、タネを 口うつししたら)


カウントダウンです。10,9,8,7,6,5,4,3,2,1,0 


これで、めでたく 「タネうつしの儀式」が できました。


◎◎くん、◎◎さん、ご協力ありがとうございました。


新郎新婦のおふたりに 拍手を!(拍手)お座りください。


なお、おふたりには、今から1ヶ月後 めでたく 子宝に めぐまれることでしょう。あれっ?(計算が合わないふりをする)


(おごそかに 三方に 礼をして 座席へもどります)


(そうそう、ウメボシのタネですが、新婦がタイミングを見計らって、目立たぬように、小皿へそっと戻すことを、あらかじめ打合せしておくのも、段取りの1つです)


以上、この【タネうつしの儀式】は、私の元同僚(彼は天才です)が結婚披露宴のスピーチなのに、確信犯?として余興をしたイチ押しの「わざ」です。メッチャ受けます。最高のシャッターチャンスも演出できます。私も真似をして、友人(3回)、同僚(5回)、教え子(2回)の結婚披露宴でも、合計10回させていただきました。県外では、京都市でも、長野市でも、特に東京都新宿区のパークハイアット東京では主賓にも関わらずさせてもらい、最近では県内長浜市でもやらせてもらいました。というより勝手にやりました。滋賀県発の結婚式披露宴の名物として、みなさんもチャンスがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。滋賀県民じゃない人は、自分の住む「都道府県に伝わる‥」と堂々と言うのがいいでしょう。これは世界に広めなければならない日本の伝統文化だと思い、アメリカ人のMr,◎◎◎にも、じきじきに伝授しましたが、彼は、はたしてアメリカで広めてくれているのでしょうか‥


しつこいようですが、事前に新郎新婦のお2人とも、ウメボシが苦手ではないか・・という確認が必要です。(必須!)


後日談:今までの結婚披露宴で、私がこの「タネうつしの儀式」をさせてもらいました10組のカップルは、時間はかかっても、すべてのカップルが目出度く子宝に恵まれておられますことを、ここに謹んで報告させていただきます。


模擬店の「呼び込み」にはコツがいります


かなり大きなイベントで、模擬店のお手伝いをさせてもらいました。みなさん、てきぱきと手際よく自然に役割分担しておられました。初心者は私だけ、できそうなことは「呼び込み」ぐらいかなぁと思い、ほとんどの時間を「呼び込み」に徹することにしました。模擬店は子どもがお客さんに来てくれないと始まらない内容です。全部で3つのコーナーがあり、その1つは昔なつかしい「射的」コーナーでした。「呼び込み」なんかしなくても、繁盛していました。


そして、今月、わが子がお世話になったボランティア・サークルの模擬店(大学祭)へ、「焼き鳥」を買いに行ってきました。わが家の晩ご飯のおかずです。学生さんたち、なかなか上手にやっていて、感心しました。初日でしたので、あとは、「呼び込み」をうまいことやったら完璧やなぁと思いました。


それでは、今回やってみた「射的」の「呼び込み」のコツをお教えします。(素人レベルです)


いくつも模擬店が並んでいますから、子どもたちに、まず注目してもらい、足を止めてもらうことが基本です。そして、迷っている子に「やってみようかな」と思ってもらうことが大切です。あとは、男の子たちが来た時、女の子たちが来た時、親子連れが来た時、店にお客さんがいない時、それぞれに応じた「呼び込み」をしていけばいいわけです。


大事なのは、子どもたちのプライドをくすぐり、「チャレンジしようかな」という気持ちになってもらうこと、グループならリーダー(動物的勘で見ぬく)と目を合わせて声をかけること、そして、残念賞もちゃんと用意してあるのを伝えて、安心感のある雰囲気をつくることでしょうか。何よりも、恥ずかしいという気持ちを捨てて、笑顔で明るく「呼び込み」をする心意気が土台になります。そして、決してウソをつかないことです。模擬店も、信頼が一番だからです。


さて、具体的な「射的」における「呼び込み」の声かけの例をいくつか紹介します。


さあ、いらっしゃい、いらっしゃい、100円で3発打てるでぇー」(基本です)


コアラのマーチをたおしてやぁー」(目玉商品に注目して、足を止めてもらいます)


チョコボールをたおしてやぁー」(倒しやすい的の商品に注目して、意欲を喚起します)


小学生はどんどん挑戦してるでぇー」(本当です。さらに小学生を呼び止めるためです)


中学生もチャレンジしてるでぇー」(本当です。さらに中学生を呼び止めるためです)


さっきは男の子がコアラのマーチをたおしたでぇー」(その子は倒れやすい場所のを見事にゲットしました)


さっきは女の子がチョコボールたおしたでぇー」(スーパーガールは2個ゲットしました)


女の子のほうが、メッチャあててるでぇー」(女の子たちが来ました。射的の命中率も男女差のある時代ではありません。やってくれました。1人はいいのをゲットしました)


保育園や幼稚園の子もやってるでぇー」(おうちの方におねだりしてもらうためでしたが、親や祖父母が「やってみぃー」とわが子に言われるケースが多かったです)


野球少年、うでだめししてやぁー」(少年野球の子らが来ました。プライドをくすぐられた球児たちもやってくれました。さすがに、よいのをバンバンあてていました)


えーっ、チョコボール2個もあてたんかいなぁー、商売あがったりやぁー」(ほめます)


また来てやぁ—、待ってるでぇー」(リピーターになってもらうためです)


おっ、さっきのスーパーボーイ。よう2個もあてたなぁ。チャンピオンやぁー」(覚えていることを本人にも伝え、同時に他の子どもらにも聞かせて、やる気を引き出したいのです)


さっきまで混んでたけど、今、すいてきたし、チャンスやでぇー」(お客さんがいない時です。客のはいっていない店は近寄りにくいからです)


さっきは行列できてたけど、今やったら並ばんと、できるでぇー」(内心あせってます)


惜しくも全部はずれても、残念賞のお菓子を選べるで、どんなんか見といてやぁー」(残念賞にもいろいろあるのを、のぞきこんでほしいからです。安心感がアップします)


待ってる間に、どれをねらうか、よう見ときやぁー」(混んで行列ができた時も、後ろの方のお客さんを逃がさないためです)


テントの中のおっちゃんに100円渡して、玉を3発もらうのが先やでぇー」(同上)


玉をもらって、場所があいたら、ええのをようねろうて、うってやぁ—」(同上)



みんな、上手やなぁ。チョコボール、なくならんうちに、やらな損やでぇー」(とにかく大事なのは、ほめることです。すると、その気になります。ほめられて、うれしくない子はいません)


おしかったなぁー。もうちょいやったなぁー。残念賞をちゃんと選んで、もらってなぁー」(はずれた子にも、惜しかったことを伝え、なぐさめることまでして、初めて「呼び込み」の仕事をやりとげたことになります。残念賞もいろいろ選べるようになっています)


だいたい以上です。あとは応用です。臨機応変です。通りががりのお客さんに応じて、とっさのボケとツッコミの一人芝居(パフォーマンス)もします。要は、自分が楽しむことです。そして、お客さんに感謝の気持ちを持つことです。このことは、「たねや」八日市店のスタッフの上質な接客から学んだつもりですが、いざ自分がやってみると、「フーテンの寅さん」に近い、乗りのよいオッちゃんになってしまいました。


知り合いが「本職かいな。歌舞伎町の呼び込みみたいやでぇ」と声をかけてきました。東京へ出張するのはよく聞いていましたから、こちらも「ふつうは大阪の十三って言うやろ。歌舞伎町でだいぶ遊んでるんちゃうか」と言いたいのをガマンして、「おおきに、大人も子どもも遊び心は大事や。お子さんにやってもろてやぁー」と言って、しっかり「射的」をしてもらいました。


コアラのマーチって値が張るし、残念賞のお菓子の種類もいろいろ用意されていて、仕入れを奮発したそうです。それで支出が多くて、収益は少なかったようですが、障害者の就労と余暇を考える会のさまざまな活動に活用していかれることと思います。ただのにぎやかしで、あまりお役には立てませんでしたが、ありがとうございました。


ずうっと昔、たこ焼き屋と総菜屋でアルバイトをした経験と、東京銀座の数寄屋橋交差点ソニービル前で東宝映画「ドラえもん・のび太の海底鬼岩城」のチラシ配りのアルバイト(朝10時~夜10時:3週間)をした経験が、30年近くたってから生かせるということもあるんやぁと、しみじみ自己満足しています。と、1人で勝手に思い込んでいるだけです。



滋賀の方言には柔らかさがあります


「学びの共同体」「協同的な学び」スーパーバイザー副島孝先生がコラムの中で、2012年1月26日に滋賀県立草津高校で開催された公開授業研究会の感想の最後をこう結んでおられます。


「個人的には・・先生方の「生徒が○○して、くらはります」「言わはる」という言い方が印象的でした。方言というか、滋賀県独特の話し方かもしれませんが、柔らかい言葉遣いに、教師の教え込みに飽きたらず生徒の学びに向かい合おうとする先生方の気持ちがにじみ出ていると感じました。」


それを読んで、滋賀県の方言って、そういう柔らかさがあるのかなあと、ちょっと新鮮な感覚でした。ふだん、しゃべっているので、意識していなかった部分です。私自身は、三重県を訪れた時に、言葉の柔らかさを感じていたくらいです。


そんな時、図書館で、「彦根ことばと その周辺」安井二美子・著(サンライズ出版)を見つけました。その本の中から、柔らかさを感じる言葉をいくつか紹介したいと思います。


第1章には、
「湖北では尊敬の助動詞として『んす』『やんす』が使われるようですが、湖東に位置する彦根では『はる』『やる』『る』などが使われ・・」
と書いてありました。


確かに長浜市など湖北の方々が「きゃんす」(来る)、「しゃんす」(する)と言われるのを聞いたことはありますが、私たち彦根市に近い湖東では使いません。私たちは「来やはる」(来る)、「しやはる」(する)を、ゆるやかな尊敬語として日常的に使っています。草津市など湖南では厳密にどう表現されているのかは、わかりませんが、副島先生が書いておられるような「してくれはる」(してくれる)、「言わはる」(言う)は私も使っています。


第5章では、
「共通語の尊敬表現である『お食べになる』『お書きになる』は『食べはる』『食べやる』『書かはる』『書かる』のように『はる』『やる』『る』などを使います。・・『せんせがきゃった』も『先生が来た』や『先生が来られた』では表せない学生と教員の親近感を含意しています。」
と書いてありました。


私たちの場合、親近感を込める時は、年上の人なら「怒ってはる」(怒っている)、年下の人なら「怒ってやる」(怒っている)と使い分けます。また、年上なら「食べてはる」(食べる)、年下なら「食べてやる」(食べる)ですし、年上なら「行かはる」(行く)、年下なら「行きやる」(行く)ですし、年上なら「言わはらへん」(言わない)、年下なら「言いやらへん」(言わない)などと、自然に使い分けています。これが、若い人たちに総て伝承されるかどうかは、わかりませんが。


本書では、他にも、「ああ、しんど」(ああ、疲れた)「しんどい思いして」(大変な思いをして)、「ぬくとい」(暖かい)、「ほんなら、いぬわ」(それじゃあ、帰るよ)、「ほんで」(それで)、「ほうなん?」(そうなの)など、私たちが何げなく使っている滋賀県の方言に、何かしら、柔らかさがあることを、気づかせてくれました。きっかけは、副島先生の「ひと言」でしたが。興味のある方は、本書を直接読まれることを、オススメします。第11章まで、あります。・・えっ、もう、読まはりましたんか?


中学校同窓会「段取りの流れ」具体的な工夫のポイント


2016年、私たちの卒業した中学校の同窓会がJR駅ちかホテルでありました。私も幹事団の1人でした。データの残っている平成10年の第3回目以降、5年に1回というペースだったのですが、50代になった今は3年に1回です。今回で卒業以来、第8回目になります。昨年11月(半年前)に会場を押さえました(第1希望日は既に他団体さんが入っていて、第2希望の日でした)。なんとか無事に?みなさんが旧交を温めてくださり、何よりです。笑いあり涙あり、和気あいあいの会になり、ホッとしました。帰り際に「飲んだ飲んだー」と言ってくださる酒豪(女性)もあり、うれしく思います。ご協力ありがとうございました。


私は第4回目からやっと出席するようになったので偉そうなことは言えませんが、同期の仲間たちが同窓会を長続きさせるために工夫してくれていることを紹介します。


今回から次回(3年後)までの「段取りの流れ」を、例としてみましょう。


3年後の同窓会へ向けて「段取りの流れ」


3年に1回開催する5月下旬週末、今回の同窓会:一次会(3時間)の間に、今の幹事団が男女手分けして、次回(3年後)の幹事代表を男女各1名ずつ頼みます。そのため、事前の幹事会(3ヶ月ぐらい前かな)で、あらかじめ有力候補を相談しておきます。そして、一次会のお開きで、次回の幹事代表(男女)を発表し、挨拶してもらいます。次回の幹事代表を頼まれた人は、一次~二次会の間に、3年後に向けて協力してほしい男女に副幹事を頼みます。こうして、次回の幹事団(4~6名ほど)が生まれます。


今回の幹事団で、引き継ぎ(会計報告、通帳、印鑑、USBメモリーの更新:出欠等の入力、名札入れ等同窓会グッズの整理)の準備をします。そして、今回の幹事団が、約3ヶ月後を目安に、新旧幹事の引き継ぎ会を主催します。約10名前後でしょうか。


引き継ぎを終えると、次回の幹事団は、今年度中に幹事会(1回目)を開いて、会場候補・計画を相談したり、役割分担をしたりします(会計係・次回幹事OB会担当など)。幹事会(計2回)や幹事OB会=プチ同窓会(計2回)をする会場(居酒屋でもよい)の手配役は、幹事団のメンバー男女で交代するのが望ましいでしょう。幹事OB等への連絡(出欠確認の電話)は、その都度、幹事団の男女全員で分担します。


そして、1年後、幹事OB会(1回目)を主催します。「同窓会まで、あと2年やねぇ」と言いながら、20名前後でプチ同窓会をしているような感覚です。幹事を快く引き受けてよかったと思ってもらえるポイントは、ここです。幹事OBも一緒にもりあげる雰囲気をつくることで、次回同窓会の幹事団にも、安心感が伝わります。


そして、2年後、再び幹事OB会(2回目)と称してプチ同窓会をします。「同窓会まで、もう1年やねぇ(あと半年やねぇ)」と言いながら、20名前後で、次回の幹事団を応援する空気をつくります。幹事OBじゃない人を誘うのもOKです(ぜひ)。だから、プチ同窓会とも呼んでいるのです。


それに前後して、次回の幹事団は幹事会(2回目)を開き、翌年の、3年に1度の同窓会の日取り・会場・役割分担などを決め、当日へ向けて動き始めます。今まで使った会場は避けて、新しい会場を探すほうが、新鮮味はあります。会場を押さえるのは、早いほうが希望の日時をとりやすいです。また、私たち第8回同窓会幹事は、往復ハガキに同窓会費:男性1万円・女性9千円と書きましたが、これに±1千円で案内しておられる同窓会がわりと多いように思います。会費の金額は、よくご検討ください。


幹事OBのみなさんは、毎年、幹事OB会(プチ同窓会)を楽しみにしています。それに比例して、次回の幹事さんも心強いと思います。こうして、私たちの中学校同期は、3年に1回のペースで同窓会を続けているのです。昨今の世の中は、プロの同窓会幹事代行業に任せるケースもあるようですが、私たちは適材適所(誰でも得手・不得手がある)で、段取りをしたり、連絡を取り合ったりするのも、楽しくやっています。家族からは、「毎年、集まってるやん」と言われてますが・・。


3年に1回の当日に使った、司会&受付嬢?の巨大蝶ネクタイ&ティアラ(パーティーグッズ)は、某都知事のように非難されたくないないので、100円ショップにて私費で購入したものです(女性幹事のアイデアなので、男性幹事は当日手渡されて驚きつつ、各自108円支払いました)。恩師への記念品も女性幹事のアイデアで、「家族の和」をテーマにした丸い「あいとうメロン贈答用2個セット」(食べ頃の月日が明記=約1週間後かな)を、あらかじめ予約して前日に準備してくれました(感謝です)。


以上が、今回から次回(3年後)までのおおまかな流れです。幹事団の人数は、4~6名ぐらいでしょうか。それでは、私たちの同期が数年(かつては5年、今は3年)に1度のペースを維持しながら、同窓会を続けているポイントを整理してみます。


今回の同窓会から3年後へ向けて15のポイント


同窓会のお開きで、次回の新幹事(男女)を発表します。


新幹事は、男女数名に声をかけ、新幹事団を増やします。


新幹事団に、初幹事の人もいると、広がりが生まれます。


幹事引継会は、旧幹事(同窓会をした幹事)が主催します。


引継を受け新幹事会を開き、役割分担・計画を立てます。


3年後の開催月・会場・会費金額は、じっくり相談します。


1年後も2年後も、幹事OB会(プチ同窓会)を開催します。


幹事OB会・幹事会の会費は、1人5千円程度に押さえます。


幹事OB会は、幹事OBみんなで新幹事を応援する場です。


同窓会の会場探しは、新規開拓するけど、無理はしません。


参加者を増やすポイントは、開催日時と会場でしょうか。


幹事会で相談し、適材適所(分担)で次回の準備を進めます。


同窓会案内(往復ハガキ)には、幹事会で「添え書き」をします。


「添え書き」は、「◎◎君~」「◎◎さん~」と書き始めます。


3年後の同窓会が済んだら引継会の準備(会計報告や残金の通帳への入金等)をして、次の幹事に引き継ぎます(目安として2~3ヶ月以内でしょうか)。


最終幹事会(3ヶ月前)の打合せ事項


確認事項


○会場 ◎◎ホテル(JR駅から徒歩5分)


○日時 2016年5月21日(土)15時受付 16時開会→二次会


○下見→予約(同窓会16~19時)・仮予約(二次会19~21時)


ホテルとの打合せ:報告内容 


○プラン 7500円(卓盛和洋大皿料理)フリードリンク3時間


 正面に吊り看板&ステージ&金屏風、マイク3本


 二次会カラオケは別室でフリードリンク


 部屋の大きさは人数で2パターン(基本は大きな部屋)


 (もしも、40人以下なら間仕切りで前日に調整可能)


 座席くじ:テーブルA・B・C・・・(7~8人)席札A1・A2・A3・・・


 =(例A−1・A−2・A−3・・・)はホテル側が準備


○ホテル送迎車は学校前15時出発(9人以下ならハイエース)


○仮予約(二次会キャンセルは10日前、一次会人数変更は前日まで)


○二次会19時~21時(カラオケ)


 ホテル内の別室1人2160円×15人分(乾き物・フリードリンク)


 当日、人数増の追加費用は、1500円×追加人数分(30人までの部屋)


○ホテル横にホテル専用駐車場あり30台(他にもあり)


○宿泊希望者(遠方の方)は各自で予約すること(往復葉書に明記)


2月幹事会でしたいこと


○往復ハガキに添え書き(発送は3月中旬頃、返信〆切4月21日)


(例文「◎◎さん、待ってるわ」「◎◎くん、来てね」など)


○(案)一次会の座席は、受付で「くじ」を引いてもらう(座席は男女交互)


○(案)二次会はホテルの別室(カラオケあり)で行う


○二次会会費として、一次会受付で集金する金額は千円or2千円を相談


○役割分担をする 


人数集約・5月上旬ホテル→最終人数確認・前日ホテルTEL(   )


挨拶(   )、会計(   )、受付(         )


記念品(        )、司会(   )、乾杯(   )


近況報告(    )、校歌(   )、名札 (    )、余興(    )


二次会(   )、会場設営(        )、送迎配車(    )


○次期幹事候補・引き継ぎ関係(       )


予算関係(案)


○会費:男性1万円・女性9千円、二次会費2千円


(受付で集金、二次会については受付で参加希望を聞いて集金)


○支出 一次会費用7500円×人数、二次会費用、案内用の往復葉書1万3~4千円、記念品:恩師お1人あたり5~6千円等


○残金は同窓会の通帳へ(万が一、ドタキャンが出た場合の費用にも充てる)


(今回、ドタキャンはなかったが、過去にはあったことを念頭に)


当日:進行の予定(案)


14時:受付準備・会場確認(6テーブル座席表)、15時:受付開始、16時:集合写真撮影、一次会開会、幹事あいさつ、来賓(恩師)挨拶、乾杯、飲食歓談、17時:近況報告、余興(質問コーナー)、18時:恩師への記念品贈呈、校歌斉唱(前奏だけソプラノリコーダー:全員で輪になってアカペラで歌う=壁面に歌詞あり)、次回(3年後)幹事の発表、次回(3年後)幹事あいさつ、19時前:一次会お開き、来賓のお見送り(全員が2列で花道をつくり、その間を退場する恩師を拍手で見送る:恩師は花道両側の1人ひとりに握手を求められた)→(部屋移動)→19時過ぎ:二次会カラオケ(ホテル内別室)、21時過ぎ:二次会お開き


幹事の心得(ポジティブ・シンキング)


まず、自分自身が幹事会や幹事OB会を、楽しむことが肝心です。毎年1回20名前後で集まってワイワイやることが、みんなの楽しみの恒例行事になっているというところでしょうか。中学同期で集まって楽しいからこそ、途切れずに続いているのでしょうね。


要は、幹事長(幹事代表)1人に押しつけないことです。先にも述べた適材適所で役割分担することと、幹事OB会=プチ同窓会が、いつも同じ固定メンバーにならぬよう、意識して新しい顔ぶれにも声かけするよう心がけることでしょうか。


引き継ぎに加えたい反省点


★今回の反省点は、ホテル側との交渉段階で、一次会お開き時刻と二次会開始時刻の間に移動時間として10分間を入れ忘れていたことでしょうか。ホテルは、二次会お開きの時刻を守る必要があります(今回は二次会担当のホテルマンさんと仲よくなったので、時間オーバーを少しだけおまけしてもらえました)。


★司会としては、同窓会を盛り上げることに気持ちがいってしまい、基本アナウンス(お帰りの時にホテルのフロントで無料駐車券をもらってほしいこと、二次会の会場:何階のどのお部屋か、というご案内をすること等)を言い忘れていたことです。


★それから、とっても大事なこと(「恩師の先生お2人から過分なお志をいただきました。▽先生、△先生、ありがとうございます」という謝辞を、開会の冒頭で述べること)を、すっかり忘れていました。この大失態、まことに申し訳ありません。


幹事の負担を減らし、出席者を増やす工夫


まずは日取りですね。5月下旬~6月上旬、8月のお盆直前の土日(年によってずれて10~13日頃)、10月下旬、私たちは、ここらへんを候補に相談するようにしています。私たちの場合、出席者が多かった年の開催日は、10月24日と8月12日でした。


次に、会場は、送迎車を出してくれる駅近のホテルなら申しぶんないのですが、会費の金額設定と連動してきます。私たちはホテル側との交渉で、2時間半を3時間に伸ばしてもらいました。地元近隣で開催する場合、宿泊希望者には、各自で予約してもらうよう、往復葉書に明記しておくほうが、幹事の負担が減ります(ドタキャン対策)。


料理も大事ですが、同窓会プランがあれば、3種類なら中の料理で十分でしょう。フリードリンクの場合、ダメもとでソフトドリンクなど一品追加サービスを要望してはいかがでしょう。私たちは交渉して、ジンジャーエールを追加してもらいました。


ホテルの別室での二次会カラオケは、その部屋に入れる人数の半数で予約しておきます。定番はカラオケ・フリードリンク・乾き物ですから、最初の受付で二次会参加希望者から二次会会費をいただきます。追加人数の料金は(予約より人数が減った場合も)フリードリンク代だけですので、事前に人数が読めない幹事としては助かります。


集合写真撮影ですが、ホテル側に任せると楽ちんですが、会費が高くなります。幹事のデジカメで撮る→プリントアウト→郵送は、幹事の負担が大きくなります。スマホで撮影したものを送信・転送するのが低コストですので、実現可能か検討の価値はありそうです。ちなみに、LINE仲間がいくつもあればいいのか、携帯番号交換するだけでいいのか、私はガラケーですので知りません・・。詳しい人にお聞きください。


以上、参考になる点が1つでもありましたら、幸いです。日々の生活に追われていた私は、幹事を引き受けたことがきっかけになり、つき合いの幅が広がりました。


by takaboo-54p125 | 2014-03-21 15:39 | 日記・その他