入学式前日準備は、新6年生を全校の先生みんなで育てる日

明日は県内小中学校の入学式です。午前中に小学校、午後に中学校のところが、滋賀県では多いようです。


中学校では前日準備を昨日にされたところもあるようです。小学校の前日準備は今日する学校が多いでしょう。中学校は、明日の午前中に式場準備をされる学校が多いでしょう。


組織的な学校は、このチャンスを逃しません。小学校なら新6年生が、体育館から玄関・廊下・教室、校舎外まで分担して準備します。全校の先生方が分担して、新6年生と共に前日準備をします。最初、6年生を全員集めた時に先生が何を語るか、分担場所で各先生が何を語るか、そして終わった時に分担場所の各先生がどのような言葉で新6年生のがんばりをねぎらうのか、最後に新6年生を集めて先生が全体評価として、どのようにねぎらうのかを大事にします。新6年生が「準備をがんばってよかったな!」明日から最高学年として「よーし、やるぞ」という気持ちになれるようなことを、どのように語るかで、明日からの6年生1人ひとりの動き(気持ち)が断然ちがってくるからです。


とりわけ、最後に評価をする先生を1人じゃなく、多くの先生が評価の言葉を言う習慣になっている学校ほど、全員の先生で新6年生を育てる大切な日という位置づけがなされています。たくさんの先生からほめられた子どもたちのモチベーションは当然アップします。明日の午前中の中学校も同様です。「はい、終わった。ご苦労さん」だけでは、もったいない!小学校は今日ですから、この記事を昨日出したらよかった!すみません。「はい、終わった。ご苦労さん」だけで終わってしまった学校は、4月8日の入学式後始末の時に教頭、教務、6年担任などで、準備の分も含めて、6年生をねぎらってあげてください。

関連ページ
子どもと向き合う学級づくり①【4月の教室】+【入学式前日準備】【出退勤で大事なこと】【連絡帳の秘訣】【3ヶ月続けたい言葉がけ】【画びょうの使い方】
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898094/


by takaboo-54p125 | 2011-04-07 05:59 | 保育・教育