びわ湖を眺めながらの結婚披露宴では「サプライズ」飛び入りをしちゃいました(前半)

昨年5月のことです。またまた、教え子の結婚披露宴に招待してもらいました。この教え子は、阪神淡路大震災の時に、クラスで「紙ブーメラン」や「紙トンボ」をいっぱい作って、神戸の志里池小学校に贈った時の子で、翌年には、この子が児童会のリーダーとして、全校で「どんぐり」を約7500個集めて、被災地に緑を取り戻す「どんぐり銀行神戸」に送ってくれた代表でした。結婚式はびわ湖のそばの教会でした。(おーっ!外国人の牧師さんやぁ!本格的やん)神式も仏式も列席した経験はありますが、教会式は初めてです。新婦の父上がバージン・ロードを新婦と足をそろえて歩かれる姿には、感動しました。最初に賛美歌です。(このメロディー聞いたことあるやん、教え子のためや、歌わな!) マジで歌ったら、クスクス笑われてしまいました。(音程ははずしていなかったはずですが?)


そして、披露宴です。教え子は長年、武道をしてきましたので、その指導者(監督)だった方がメインの恩師ですから、スピーチのない私はお気楽リラックス・モードでした。フォアグラなども、今回はしっかりと味わえました。監督さんとは、隣の席でした。監督さんが私と同じ年で、共通の知り合いもいることがわかり、意気投合し、監督さんのスピーチにも心を込めて拍手しました。(魂のこもったスピーチ、さすがは武道家や) 同じテーブルには、新郎の友人4名もいました。4人とも高校時代の友人と聞きました。 私「ひょっとして京都の◎◎高校?」 友人「はい、一応」 私「一応て、滋賀県の高校全部が束になっても、東大・京大進学者数、かなわへんやん」 友人「そういう生徒もいます」(京阪神の超難関私立高校なのです) 私「◎◎部かて、全国優勝してるやん」 友人「そういう生徒もいます」(優勝しない年も全国ベスト4の常連なのです) 私「とにかく、このテーブルは秀才の集まりやん」 友人「私らは、ぶら下がってました。数合わせです」(えらい謙虚で、ユーモアのセンスも◎) 高校時代、落ちこぼれていた私に引け目を感じさせない、さわやかな若者たちです。                    


後半へ続く
びわ湖を眺めながらの結婚披露宴では「サプライズ」飛び入りをしちゃいました(後半)
http://sg2takaboo.exblog.jp/24898232/



by takaboo-54p125 | 2011-02-08 05:17 | お出かけ・旅