「協同的な学び合い(聴き合う学び)」⑫【協同的な学び】はすでに日本からアジア各国の学校へ広がっていた(現在進行形)+アメリカ合衆国からのアドバイス

2010年(H22年)12月8日(水)の朝刊の1面をかざっていたのは、「日本読解力が急回復」という記事でした。国連の経済協力開発機構(OECD)が各国の15才を対象に2009(H21)年に実施した学習到達度調査(PISA:ピザ)の結果の公表を受けての1面トップ記事でした。記事によると、今回で4回目だそうです。今回は65ヶ国・地域なので、過去最多になります。日本の結果については次のように書かれていました。抜粋ですが、紹介します。


『「読解力」では、日本は前回06年の15位から、最も順位が高かった00年と同じ8位に回復。「科学的リテラシー(応用力)」は5位(前回6位)、「数学的リテラシー」は9位(前回10位)。低落が続いていた日本の順位が初めて上昇に転じた。‥各国の状況をみると‥3分野とも、上位5位に入ったのはフィンランドを除くとすべてアジア勢だった。‥特に「数学的リテラシー」は‥3分野を通じて初めて上位5位までをアジア勢が独占した。この5ヶ国・地域と日本を比べると、「読解力」と「科学的リテラシー」では成績の最下位層が最も厚い。‥』


2面には「実った学力−脱「ゆとり」路線成果」という評価と、「尽きぬ難題−格差拡大 日本埋没」という課題が載っていました。気になるところだけ抜粋します。


『‥最下位層の割合は1,3%だが、0,1~0,2%の上海、フィンランド、韓国より多い。‥「韓国などの最下位レベルの少なさは日本も見習うべきだ。‥」‥』


16面には、「経験の活用 日本の宿題」と題して、PISAの国際順位の推移や設問例などが、わりと詳しく載っていました。


一覧表を見ると、確かに上位6位は、「読解力」が上海、韓国、フィンランド、香港、シンガポール、カナダで、「数学的リテラシー」が上海、シンガポール、香港、韓国、台湾、フィンランドで、「科学的リテラシー」が上海、フィンランド、香港、シンガポール、日本、韓国でした。


『‥文科省が課題に挙げるのは、「成績下位層」の多さ。前回よりは減ったが、トップレベルの国と比べると依然として多い。「数学」は6段階のレベル2以下が29,9%。韓国23,7%、フィンランド23,4%より多い。「科学」も27%でフィンランド21,3%などより多い。』


もっとも、国によって本気度が違うそうです。(壮行会まであるとか、ないとか)。参加したのは高1ですから、勉強の苦手だった私が言うのは、おこがましいのですが。韓国、台湾、香港のアジア勢の躍進は今回ではなく、韓国は2000年から、香港は2003年から、台湾は2006年からでした。上海とシンガポールは今回初参加で、いきなりです。


OECDの「PISA」の結果(アジア勢の強さ)を調べたくなりました。そんな簡単に見つからないだろうと思っていました。私は冬休み、さっそく図書館に行ってみました。(やっぱりお手上げです)


ふと、なんとなく、佐藤学さんの「学校の挑戦」(小学館)を手にとってみました。たしかアジア各国の教育にも、書かれていたような記憶があったからです。ペラッとめくって、驚きました。


「学びの共同体」は2005(H17)年以前に国境を越えてアジア各国へ既に広がっていました。びっくりです。2004年の「PISAショック」から前回2007年もさらに続落したOECD統計の「PISA」について、日本では多くの教育関係者は国内の教育に目を向けていました。ところが、韓国や中国は、その日本の「学びの共同体」に、それ以前から注目して、国をあげて取り入れていたのです。紹介します。2004~2005年に佐藤学さんが執筆されたものを2006年にまとめて発行された本です。


変化する教室
‥昨今、IEAの国際学力調査でトップの成績を収めたシンガポールは、数年前から国策によって「協同的な学び」導入してきた。‥韓国も同様である。ソウル市では、これまで1学級あたり50人であった教室を30人に改善し、「21世紀の学びは協同的な学び」という政策で教室を4~5人の班による編制へと変えている。(これだけでもすごい!ソウル市は1千万人以上の大都市なのに~独り言です)。中国でも同様の改革が進行している。昨年(2004年)訪問した上海の学校では、1時間の授業の中で何度も小グループで共同で学び合う活動が組織されていた。‥


アジアに広がる「学びの共同体」
協同する学びは欧米諸国からアジア諸国へと拡大しつつある。


この原稿を書き始めた時、JICA(国際協力機構)の斉藤英介さんからインドネシアの学校における「学びの共同体」づくりの実践の模様を伝える手紙と写真が届いた。斉藤さんがインドネシアにおいて「学びの共同体」づくりに着手したのは2年前(2003年)、これまで3度にわたって、教育長と教育行政官、大学の教育研究者と学校教師が多数来日し、私の研究室でレクチュアを受けた後‥茅ヶ崎市立浜之郷小学校と富士市立岳陽中学校の「学びの共同体」の実践は訪問者たちに強いインパクトを与え、インドネシア各地において学校改革の挑戦が始まっているという。


‥本年(2005年)1月には、韓国の釜山大学を中心に教育研究者と校長と教師がツアーを組んで「学びの共同体」づくりを推進する浜之郷小学校と岳陽中学校を訪問した。釜山大学に「学びの共同体」づくりの国家プロジェクトを推進する教育研究所が設立されたのが昨年(2004年)11月である。その開所式に私は招待され‥講演を行った。‥ ツアーに参加した教育研究者や教師たちは、そのほとんどが「学びの共同体」づくりの改革に着手し実践を推進している人々であった。‥


中国においても「学びの共同体」づくりを掲げる学校改革が進展している。‥この訪問は、上海の華東師範大学の教育課程研究所の招聘によるものであり、所長の鐘啓泉教授は、長年にわたって私の研究と実践を翻訳し紹介し続けた人であり、しかも中国の学校改革の中心的な指導者でもある。この訪問のもう1人の招聘者、北京の中央教育科学研究所の朱小蔓所長は私の著書の愛読者の1人であった。‥上海の講演会においても北京の講演会においても驚いたのは、多くの参加者がすでに「学びの共同体」づくりの改革を推進していることだった。・・アジア諸国の教育改革は疾走している。そのスピードは日本以上である。‥


国境を越えた「学びの共同体」


(イランとインドネシアでの取り組みの紹介)・・「学びの共同体」づくりの学校改革への関心は、上海の華東師範大学の鐘啓泉教授のグループによって10年ほど前から準備されていた。鐘さんはかつて大阪教育大学に留学した経験を有し、中国政府教育部の学校改革政策において主導的役割を担っている。鐘さんは、私の著書や論文をほぼすべて読み、カリキュラム関連の論文を中心に翻訳し紹介していた。‥唯一私が訪問できた学校は、昨年(2004年)10月、華東師範大学に招聘された際に訪れた上海市内の小学校‥もともと中国の都市部の学校教育における教育内容の水準は高度であり、テストで測定できる学力では世界一のレベルにあることが知られている。‥どの教室でも「思考」と「探究」を活動的に推進する学びが組織されており、しかも「協同的な学び」がどの授業においても意識的に組織されていた。個人主義の強い国民性にもかかわらず「協同的な学び」が円滑に導入されている姿は印象的であったし、教師たちの教育学の見識の蓄積にも驚かされた。‥


韓国において「学びの共同体」に対する関心の高まりは、私の著書『教育改革をデザインする』(岩波書店)が、2001年に孫干正さんによって翻訳出版されたことを契機としている。孫さんは東京大学で私の指導のもとで博士号を取得した若い優秀な教育学者である。同書は刊行直後に、韓国教育部(文部科学省)の推薦図書となり、同時に、合法化されたばかりの教員組合の推薦図書となった。それ以来、毎年のように韓国から訪日のツアーが組まれ、浜之郷小学校と岳陽中学校へのを訪問者が相次いでいる。‥「学びの共同体」づくりの学校改革は、昨年(2004年)から飛躍的に発展している。孫さんの「学びの共同体」を掲げたプロジェクトが国家的な研究基金を獲得し、彼女が研究員となって昨年(2004年)11月に釜山大学に「学びの共同体」を推進する教育研究所が設立された。「新教育共同体」を建設し「民主的市民」を教育するという政府の教育政策がこのプロジェクトの背景をなしている。‥釜山市教育委員会が「学びの共同体」づくりの政策を掲げ、校長を中心とする講習が企画されたのだという。‥これほど急速な改革の普及は、1年前にはとうてい想像できなかった事柄である。‥21世紀の学校モデルとしていっそう力強く前進し続けるに違いない。』


以上です。日本が2004年に「PISAショック」を受けた時には、すでに韓国でも中国でも「学びの共同体」を国や大都市の教育政策として、教育現場で組み入れて推進していたのです。韓国ではプサンの釜山大学の孫干正さん(東京大学留学)、中国では上海の華東師範大学の鐘啓泉さん(大阪教育大学留学)が、それぞれ佐藤学さんから吸収して自国の教育に生かしています。その吸収したことを教育現場で実践できるために、国や市の教育行政が一丸となって、「お墨付き」を与えていることの意味は大きいと思います。おそらく物心両面のバックアップだと思われます。韓国の場合、サムスンやヒュンダイの躍進も思い浮かべてしまいます。「PISA」で上海、韓国、シンガポールなどが上位に入るのも当然だなあと感じました。今回、新聞に国の教育行政幹部や識者のコメントが書いてありました。残念ながら「甘い」と思わざるを得ませんでした。ソウル市の30人学級実現のようなバックアップをせずに、教育現場へ結果だけを要求し、注文だけが増えていることに、大きな課題があると感じます(財政的に厳しいのはわかりますが、あえて)。わが国では、ごく一部の市をのぞくと、熱意のある小中高大の先生方に支えられているのが現状ではないでしょうか。


追加します。2011年、佐藤学氏の講演で以下のこともわかりました。『まず、シンガポール、韓国、香港が学び合いに変え、中国も続いています。韓国は13ある教育ブロックのうち、ソウル市をはじめ6ブロックの教育長が学び合い導入を宣言しています。インドネシアは・・今年から1年で4000校の学びの共同体をつくる改革に取り組み始めました。・・昨年訪問した中国ハルビン市ではすべての小中学校が学びの共同体づくりを進めています。‥今年訪問した上海も、教育委員会が学びの共同体を学校政策として導入し、全市をあげて学び合いを行っています。上海は最近(2009年)のPISAの調査でダントツの世界一になりました。調べてみたら学び合いをやっている学校がすごくよく・・それで一挙に政策転換したのです』


台湾における広がり方


2014年1月7日(火)朝日新聞32面に『広がる「学びの共同体」子・親・地域・・・台湾でも』という記事が載っていたので、紹介させてください。


『「学びの共同体」と呼ばれる教育理念もアジアを中心に海外に広まっている。教師同士だけでなく子どもも学び合い、学校も地域や保護者を巻き込んで向上していく。学習院大教授の佐藤学氏が提唱し、1995年ごろから、国内では3000を越える小中学校が取り組んできたという。3月には、同大で初の国際会議が開かれる予定だ。


台湾では、今年8月に高校が無償となって入試が基本的になくなる「この40年で最大の教育改革」がある。「何のために学ぶのか」が問い直され、「学びの共同体」が急速に広がってきた。


台北市郊外の北政中学校。教室をのぞくと、机がカタカナの「コ」の字形に並んでいた。教師と生徒の間も、生徒同士も近づけるための工夫。こうした配置や互いの教え合い(正しくは聴き合い)が、「学びの共同体」の特徴だ。


たとえば、2年生の理科の授業。「熱と関係のある現象はどんなものがある?」という教師の問いかけに、生徒が4人ずつで議論を始めた。わからないことをお互いに教え合う(正しくは聴き合う)ので、落ちこぼれも少なくなるという。教師はうまく議論できるよう導く役割だ。


台湾で「学びの共同体」の窓口役を務める東京大学大学院の黄郁倫さんによると、昨年来、台湾から1000人以上の教育関係者らが学校視察のため来日した。


台北を取り囲む新北市も「学びの共同体」の導入に熱心だ。54校で実践してきたが、新年度は全335校で取り組みたいという。


中心の1人が秀山小学校の林文生校長。視察で手応えを感じ、自ら教壇に立って手本を示している。台湾の子は日本より活発で、4人で話し合うと収拾がつかなくなりがちだとして、まず2人で議論した上で4人に広げたところ、うまくいくようになったという。


これまでの改革は、現場まで浸透しなかったが、今回は校長や教師が先頭に立っている。(以下省略)』


このように、日本における、学校ぐるみの「聴き合う学び」「協同的な学び」(いわゆる「学びの共同体」)実践校の取り組みが、お隣の台湾では、市ぐるみで導入するところまで一気にきているという内容の記事でした。さらには、バンジャルバル市(インドネシア)、バクザン省(ベトナム)でも取り組まれているそうです。


アメリカ合衆国からのアドバイス


ボクの点が悪いせいで学校がなくなるの?」 


2012年3月4日(日)朝日新聞3面に「落ちこぼれゼロ 夢の果て」という記事が載っていました。少しだけ紹介します。


『・・ブッシュ前政権が10年前につくった「落ちこぼれゼロ法」。教育から格差をなくすという理想を掲げて学校に競争と淘汰を導入したが、成果が上がらず見直しを求める声が強まっている。どこでつまづいたのか。


1月、ニューヨーク・ブルックリンの高校で開かれた教育委員会の傍聴席は、「Disaster Decade(厄災の10年)」と大書きしたパネル・・約200人で埋め尽くされた。議題は、学力が上がらない公立学校8校の閉校。ブッシュ政権が貧困世帯の低学力対策として導入した「落ちこぼれゼロ法」による措置だ。同法は学力アップにノルマを課し、果たせない学校は退場させる。・・高校の体育の教師クリス・ゲイリーさんは、「市はテストの数字を基に教師を責めるばかり。貧困家庭の子どもの状況は何も改善されていない」と怒る。参考人として意見発表した5人の子どもの母キム・アービィさんは、「学校はテストのための勉強ばかり」と不満をぶつけた。                                                                       
毎日同じCDを流して単語書き取りと計算ドリル。英語と数学の授業が増え、音楽、美術、体育は削られた。子どもは機械的な学習に飽き飽きしている」・・


市内の公立小中高校1750校のうち、テストの成績などが基準に達しない150校が閉校になった。統廃合対象になった高校の教師エリザベス・ボウイスさんは、「教師たちは追い立てられ、疲れ切っている」と嘆く。・・


「大阪は大変なことになってるわね」。ニューヨーク市立大学のダイアン・ラビッチ教授は開口一番、そう言った。ブッシュ政権の教育調査官。大統領から「すべての子どもに基礎学力をつける」という理念を聞いたときは感激したという。                                               
「でも現実はそうはいかなかった」。4年後から反対に転じ・・。


教授は、米国での失敗の理由を2つあげる。


1つは、学力の低い子ほど、最寄りの学校で、家の事情も知る慣れた先生に教えてもらいたがる現実を無視したこと。落第と判定された学校でも、転校を希望する保護者は数%、全国の学校を歩くと
ボクの点が悪いせいで学校がなくなるの?」
と多くの子に聞かれた。
学校のランクづけは下位の子の自尊心を傷つけ、やる気を失わせた


もう1つは、ノルマを果たせない学校の改善支援がうまくいかなかったこと。教育技術を学んだ優秀な教師を送り込み、テストの点を上げる反復練習をくり返した結果、一時的に点は上がった学校もあった。だが長続きしなかった。大学入学時に科学や歴史の基礎知識が足りない子も増えた。
テストのための教育が広がり、かえって自分で考える力を失わせてしまった」・・


格差を是正するには、予算をかけて教員をふやし、きめ細かい多様な教育をする以外にない。
競争による学校や教員の淘汰は行き詰まる。それがアメリカの教訓です」・・
批判の高まりを受け、オバマ大統領は1月の一般教書演説で
「テストのための教育をやめよう」
「教員を責めるのはやめよう」
と宣言。教員確保や、学区ごとの福祉・教育支援に予算をつけ始めている。』


記事の抜粋は以上です。


私たちは、10年前のアメリカ合衆国:教育政策の失敗から、何を学ぶべきなのでしょうか。ブッシュ政権の教育調査官だったニューヨーク市立大学のダイアン・ラビッチ教授の言葉からも、オバマ大統領の言葉からも、そして、他の誰の言葉より、


ボクの点が悪いせいで学校がなくなるの?」と教育調査官のダイアン・ラビッチ教授に言ったアメリカの多くの子どもたち(自尊心を傷つけられ、やる気を奪われた子どもたち)の、きわめて重い「ひと言」からも・・・。この悲痛な「ひと言」を子どもたちに言わせたのは、教育をサービス(競争と淘汰)と捉えた大人(教育政策の推進者)です。このアメリカ合衆国の教訓から、私たちが同じ轍を踏まないために共通理解しなければならないことがあります。それは、教育は単なる地域住民へのサービスの1つではなく、親と学校と地域・教育行政の3者によって「責任を共有し合う」のが学校教育であるということです。


その「責任を共有し合う」ことを土台にし、対話・安心・信頼・意欲・学びを柱にした日本発の「協同的な学び」を、アジア各国の教育関係者が学校教育へ積極的に採り入れました(現在進行形)。その結果、国際教育到達度評価学会(IEA)が小・中学生を対象として行う国際学力:数学・理科教育動向調査(TIMSS)においても、経済協力開発機構(OECD) による国際的な生徒の学習到達度調査( PISA)においても、日本を追い抜くアジア各国の躍進ぶりには目を見張るものがあります。


TIMSSは学校で習う内容をどの程度習得しているかを見るテストで、PISAは学校で習った知識や技能の活用能力を見るテストと言われています。いずれも、その国の教育で、子どもたちが将来社会に参加し、社会の一員として自ら考え、生活していく力を育成できているかを、あくまでもテストという側面から見る調査です。つまり、そのテストの点数アップだけを目指しても、対話コミュニケーション力などの総合的な生きる力はつかないということを、今回、アメリカ合衆国からアドバイスしてもらったと、受けとめる必要があるでしょう。


10年前に始まったアメリカの苦悩は、イギリスでも1990年代になる前に、サッチャー首相が教育予算削減で試みた苦渋の歴史と重なります。その結果も、同様に格差の拡大で終わりました。今、イギリスでも、この改革は失敗だったと、マイナスの評価がなされています。かつてのアメリカやイギリスのような「ボクの点が悪いせいで学校がなくなるの?」と子どもたちに言わせた過ちを、再びくり返す地方自治体(都道府県・市町村)が日本にはないことを心から願います。


関連ページ


「協同的な学び合い(聴き合う学び)」①佐藤学氏の失敗からの再出発と【3つのつなぎ】と【7つの条件】

http://sg2takaboo.exblog.jp/24898101/



by takaboo-54p125 | 2011-01-04 05:20 | 保育・教育